海外ニュース

メーガン妃 息子の日焼け止めは600円 「プチプラグッズ好き」な一面が話題に

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

3、お手頃価格の美容術

 メーガン妃の美容のこだわりは、高価なコスメと手頃なものとを組み合わせているようだ。以前、「メイベリン」の5ポンド(約667円)のラッシュセンセーショナルマスカラがお気に入りだと明かしている。さらに、10ポンド(約1334円)のビオレのクレンジングシートを大量購入していたことも。

 また、メーガン妃は普通のお母さんと同じように、ヘンリー王子とウイリアム王子がポロのチャリティ試合に参加しているとき、アーチーくんに4.5ポンド(約600円)の「ニベア」のサンクリームを塗っていたそうだ。

4、ちょっと変わった旅行の知恵

 メーガン妃は女優だった頃、高級ホテルのランドリーサービスに頼ることはなかったそうだ。メーガン妃の衣類は綱にフレッシュな香りを保ち、静電気やしわを減らすために、回転式乾燥機用のシートタイプの柔軟剤をバッグに入れていたという。34枚入ったシートはたった3ポンド(約400円)と伝えられてる。

5、地元のお店に通って小銭を節約

 ヘンリー王子と結婚する前、「食通」を名乗っていたメーガン妃は自身のブログでよく、料理への愛を語っていた。カナダのトロントに住んでいた時は、近所にある魚屋と肉屋がお気に入りだったそうだ。

6、安価なアクセサリーが好き

 メーガン妃は2月に30万ポンド(約4000万円)と言われる、ゴージャスなベビーシャワーに批判が集まったが、マンハッタンのマークホテルを出た際、身に着けていたのは超お手頃価格のサングラスだったそうだ。それは、フランスの「ル スペックス」のもので45ポンド(約6000円)の黒いサングラスだった。

他にもこの夏には44ポンド(約5873円)のかごクラッチバッグを持っているのが目撃された。メーガン妃はこのバッグをセールの際に購入し、半額で手に入れたという。

(Hint-Pot編集部)