暮らし

災害時に生かす知恵 菓子と湯で簡易スープを作ってわかったこと

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:鈴木 詩子

タグ: , ,

買い置きしていたポテトチップスで作った簡易スープ【写真:Hint-Pot編集部】
買い置きしていたポテトチップスで作った簡易スープ【写真:Hint-Pot編集部】

買い置き菓子で備える スープ作りを試してみた

 皆さん、日頃から防災対策はしていますか? 2011年3月11日に東北地方を襲った東日本大震災から早8年。防災に対する意識が高まる今、身近な物を備蓄し、災害時に生かす方法を事前に試しておくのはいかがでしょう。

 ライフラインが断たれるほどの大災害に見舞われたとき、心配や不安に思うことのひとつとして食事が挙げられます。備蓄していた乾パンなどの非常食ばかり食べていると飽きがきて、温かい食事をが恋しくなるもの。

 そんなとき、身体を温めてくれて、ほっとひと息つかせてくれるスープが、簡単に作れたら助かると思いませんか? お湯さえ沸かせれば、買い置きお菓子でスープができるのでしょうか? 簡易スープの作り方を実験してみました。

好みの量の菓子をコップに入れる。チップス類は砕くと良い【写真:Hint-Pot編集部】
好みの量の菓子をコップに入れる。チップス類は砕くと良い【写真:Hint-Pot編集部】

発見! ポテトチップスはスライス形状によってスープの仕上がりが違う

 まず4種類のお菓子で試してみました。

1、ポテトチップス・コンソメ味
 紙コップにチップスを6枚ほど砕きながら投入し、湯を注ぎます。2分程待ってからスプーンでいただきます。

 コンソメの食欲をそそるパンチのある匂いがいい感じです。ですが残念な事にこれでは味が薄いので、チップスを12~15枚ほど追加。すると味もかなりハッキリし、ふやけたチップスがポタージュのように。追加のパリパリチップスが具材になって食感が面白く美味しい!

 かなりの枚数のチップスを使う事になってしまいますが……。コンソメ味の油分のあるスープは体力の無い時に飲んだら力になってくれそうです。

2、ポテトチップス・バーニャカウダ味
 体力つけるにはニンニクだ! と思い、この味をチョイスしました。こちらも、チップスを6枚ほど砕きながら投入し、湯を注ぎます。待っている間からニンニクの匂いがすさまじいです! そして、飲んでみても……やっぱりニンニクの主張が強い!ニンニクエキスの出たお湯のような感じでした。チップスを大量投入してみても、味は多少濃くなりましたが……ニンニクが前に出過ぎてしまって、あまりスープ向きじゃない、というのが率直な感想です。

左がノーマルにスライスされたチップス、ギザギザスライスのチップス【写真:Hint-Pot編集部】
左がノーマルにスライスされたチップス、ギザギザスライスのチップス【写真:Hint-Pot編集部】

 ここまで、ポテトチップス2種類を試してみてふと気付いたことがあります。スライスの形状で湯の吸い込み方が違うんですね。ノーマルにスライスされたコンソメ味は、水分をゆっくり吸い込むためスープにしたときに、パリっとした食感が残って「お芋」を感じます。一方で、ギザギザにスライスされたバーニャカウダ味は、ノーマルと比べて表面積が多い分、すぐに水分を含みやすいため食感が残りにくく、ドロッとしたのど越しスープに。味も違えば、形状によっても仕上がりは異なるので、自分好みを探してみるのも良さそうです。