動物・レジャー

米国で人気 究極の癒し「リストラクティブ・ヨガ」現地体験レポ

著者:パツワルド敬子

タグ: , , , , , ,

負荷が高すぎないポーズを長時間かけてキープするのがポイント【写真:パツワルド敬子】
負荷が高すぎないポーズを長時間かけてキープするのがポイント【写真:パツワルド敬子】

 さてみなさんは、リストラティブヨガをご存じでしょうか? あまりの心地よさについ寝入ってしまう人が続出のヒーリング効果が高いヨガのこと。汗をかくヨガとは異なります。

 1ポーズを5~20分間キープし、長く同じ姿勢をとるのが特徴的。体をプロップス(補助道具)に委ねることにより、道具を使わない状態よりも、さらに体をリラックスさせられるといわれています。ここサンフランシスコでは、副交感神経に働きかけることで自己治癒力を高めるとされ、スポーツ選手のリハビリからお年寄りまでと、幅広い層が親しめるヨガとして今、大人気なんです。

○基本的に使用するプロップス
・マット
・ボルスター
・ヨガブロック
・ブランケット(必要に応じて数枚)

○インストラクターによっては使用するもの
・アイピロー
・ホットストーン
・アロマオイル
・バーム

 これらのプロップスを使うことで、より深いポーズに入っていきます。日本でも、すでに取り入れているヨガジムもあるようですが、通常のヨガに比べるとまだマイナーな扱いといえるかもしれませんね。

 サンフランシスコにあるライブハウス『Envelope』で行われたリストラティブヨガのクラスをご紹介します。旅行中に癒されたくなった方に、ちょうどいいイベントかもしれません。