健康・美

花粉症ケアを薬膳の知恵からアプローチ 巡りと潤いを

著者:村上 華子

タグ: , ,

ポットで茶葉が開くまで待つ【写真:村上華子】
ポットで茶葉が開くまで待つ【写真:村上華子】

保温性の水筒に入れて持ち歩いても 薬膳茶を毎日コツコツ続けよう

〇びわの葉とジャスミンの薬膳茶

【材料】(約500mlのティーポット分)
びわの葉の茶葉 小さじ2~3
ジャスミン茶葉 小さじ1
クコの実 小さじ1
湯 約500ml

【作り方】
1、ティーポットに茶葉とクコの実を入れて、熱湯を注いで蒸らす
2、茶葉が開いたら、カップなどに注いで飲む。水筒に入れて持ち運んでも良い

【薬膳の知恵 食材の働き】
びわの葉茶:肺を潤し、乾燥からくる咳に
ジャスミン茶:余分な熱を下げ、気の巡りを促す
クコの実:目と肺を潤す、老化防止に

 薬膳の効果を実感するためには、毎日コツコツと続けてもらうることがよいのかなと思います。私の薬膳の先生いわく「お年頃の女性(薬膳的お年頃は35才以上です)は、2週間ほど続けてもらって体の変化を感じて欲しい」と言います。私は毎朝、その日の気分に合わせた季節の薬膳茶を作って、保温性の水筒に入れて持ち歩いています。

 これは余談ですが、以前はずっとペットボトルの水を持ち歩いていましたが、薬膳を始めてから毎朝自分でお茶を作るようになったので、ペットボトルのごみが減り、ゴミ出しが楽になったという小さな幸せも。ぜひみなさんも、お茶生活を楽しんでくださいね。

(村上 華子)

村上 華子(むらかみ・はなこ)

ヨガインストラクター、薬膳フードデザイナー、6歳男児の母。OL生活のストレス解消法としてヨガを始める。身体が元気になると、心までいきいきする鮮やかな体験から、いつしかヨガが日課に。本格的なトレーニングを積んだ後、ヨガ仲間と銀座に「HASYOGA」スタジオを立ち上げる。出産してからは、家族の健康を担う母の役割として、食事作りに勤しむ毎日。そんな折にご縁あり、通い始めた薬膳の料理教室で「食材の効能を考え、体調や季節に合わせて作る食事」の奥深さに魅了される。現在は都内各地で、伝統的なヨガのエクササイズに加え、“身近な食材で作るおうち薬膳”をテーマにしたワークショップなども開催。中医学の理論に基づいた薬膳の知恵と工夫で、美味しく食べて、自分や大切な人を元気にするためのヒントを伝えている。ヨガと薬膳「季結び庵」主宰。
https://www.instagram.com/tokimusubian/