健康・美

春は五臓六腑の「肝」に注目 ねじりのポーズでリフレッシュ

著者:村上 華子

タグ: , ,

【写真:Hint-Pot編集部】
【写真:Hint-Pot編集部】

イスを使ってもOK 背骨を中心に“ぞうきんを絞る”ようなイメージで

ポーズの手順は次の通りです。

〇床などで場合
1、両足を伸ばした姿勢から、右足を引き寄せ、腰を立てる
2、左足のつま先を天井方向に立て、左の足裏をしっかりと伸ばす

【写真:Hint-Pot編集部】
【写真:Hint-Pot編集部】

3、右の足裏を左足の外側に移動させたら、左手で右足の太ももと押さえる
4、右手指先を右後方の床につけて体を支える(右のお尻が床から浮かないように注意)
5、息を吸い、左手と右足を互いに押し合いながら、上半身を右側にねじる
6、胸、鎖骨の辺りを広げるように保ちながら、3~5呼吸キープ
7、吐く息に合わせて、体を正面に戻し、しばらく余韻を感じる
8、足を入れ替えて、左側も同様に行う

【写真:Hint-Pot編集部】
【写真:Hint-Pot編集部】

〇イスに座って行う場合
1、足を組むように、右足を左足の上に乗せる
2、左手で右足の太ももを押しながら、上半身を右にねじる。
3、右手でイスの背もたれをつかんだら、息を吸いながら、背筋を伸ばす
4、吐く息に合わせて、顔を右側に振り向くようにねじる
5、そのまま3~5呼吸キープ。吐く息に合わせて正面に戻り、余韻を感じる
6、手と足を入れ替えて、左側も同様に行う

【ポイント】
ポーズの効果を深めるために大切なことは、下半身をしっかりと安定させること。そのためには、左右の座骨を均等に床(または座面)に乗せて姿勢を安定させます。そして、背筋を伸ばしてから、ねじる動作に入ります。※内臓に刺激があるポーズなので、なるべく食後は避けて行って下さい。

 背骨を中心に、“ぞうきんを絞る”ようなイメージで、肝の経絡が走る体の側面を刺激していきましょう。体をねじりながら深い呼吸を行うことで、腹圧がかかり内臓の働きを活性化するマッサージ効果にもつながります。また、ヨガの哲学でねじりのポーズは、ネガティブな感情を絞り出すようなデトックスもあると考えるので、心のうつうつ、モヤモヤを払拭したい時にもおすすめです。

(村上 華子)

村上 華子(むらかみ・はなこ)

ヨガインストラクター、薬膳フードデザイナー、6歳男児の母。OL生活のストレス解消法としてヨガを始める。身体が元気になると、心までいきいきする鮮やかな体験から、いつしかヨガが日課に。本格的なトレーニングを積んだ後、ヨガ仲間と銀座に「HASYOGA」スタジオを立ち上げる。出産してからは、家族の健康を担う母の役割として、食事作りに勤しむ毎日。そんな折にご縁あり、通い始めた薬膳の料理教室で「食材の効能を考え、体調や季節に合わせて作る食事」の奥深さに魅了される。現在は都内各地で、伝統的なヨガのエクササイズに加え、“身近な食材で作るおうち薬膳”をテーマにしたワークショップなども開催。中医学の理論に基づいた薬膳の知恵と工夫で、美味しく食べて、自分や大切な人を元気にするためのヒントを伝えている。ヨガと薬膳「季結び庵」主宰。
https://www.instagram.com/tokimusubian/