暮らし

高齢ドライバー対策 米国ではどうしてる? 栄養指導から引っ越しまで推奨

著者:パツワルド敬子

タグ: , , ,

高齢ドライバー免許返納は米国でも議論の的に【写真:写真AC】
高齢ドライバー免許返納は米国でも議論の的に【写真:写真AC】

 アメリカ・サンフランシスコに在住の、美容家で翻訳家のパツワルド敬子さんがアメリカ発のトレンド情報をお届けします。今回は、日本でも社会問題化している「高齢ドライバー」について。高齢者の交通事故率が増えつつあることは、アメリカも例外ではないようです。日本では高齢者の交通事故状況の早急な改善策が求められていますが、自動車大国アメリカでは、どのような対策を行っているのでしょうか? パツワルドさんがカリフォルニア州のケースを2回に分けて紹介します。後半は高齢ドライバーへの細やかなガイドラインについてです。

 ◇ ◇ ◇

DMVの高齢者安全運転ガイドから「栄養摂取チェックリスト」【出典:DMV SENIOR GUIDE FOR SAFE DRIVING - State of California Department of Motor Vehicles】
DMVの高齢者安全運転ガイドから「栄養摂取チェックリスト」【出典:DMV SENIOR GUIDE FOR SAFE DRIVING – State of California Department of Motor Vehicles】

 2030年には、5人にひとりの運転手が65才以上になるといわれるアメリカ。しかし広い国土のなかで、一部の都市部を除いては車がない生活は難しいのが現実です。ではどんな高齢ドライバー対策が行われているのでしょうか? カリフォルニアの場合を記したいと思います。

栄養指導も入る 細やかなシニア運転ガイド

 アメリカでは州によって法律が違うので、各州ごとにDMV(Department of Motor Vehicles)という車両管理局があります。そのDMVが発行する高齢者運転安全ガイドには、「正しい運転をするためには、きちんと栄養を取ることが大切です」と明記されています。日本ではあまり見ないポイントのように思います。

 上記のスクリーンショットのように、Yes・Noの質問形式で、少なくとも1日に3回は食事をしている、毎日6〜8杯の水分を摂っているなど、一見運転には関係のなさそうなことも項目もあります。

 運転には、健康な体と判断ができる脳の状態が必要なことを改めて感じますね。