暮らし

実録・わたしの更年期「ある朝、起きたら突然死にたくなった―」

著者:和栗 恵

タグ: , , ,

家族の理解と協力。これも更年期症状を緩和するカギ

 漢方薬とホルモン剤を処方されて家に戻ると「悪いけど、私、2~3日、泊まっていくわ」とお姑さん。すると、ゴルフから戻った夫を捕まえるや否や「アンタ、何やってんの!」と、大声で怒鳴りつけてくれたといいます。

「夫は最初、一体全体、何が起こったんだ!? という顔で、姑に気圧されていました。女性には更年期があること、姑自体も辛い思いをしたことがあること。そして男性にもあるんだから、ということ。そうしたことを説明し『大切な家族でしょう? 夫であるあなたが妻のことを思いやれなくてどうするの!』って。そう言ってくれたんです。その後、姑は遊びから帰ってきた娘をつかまえてイチから同じことを説明。翌日は早朝から夫と娘を叩き起こし、家事をみっちり仕込んでくれていました(笑)」

 更年期の辛さを知っていたお姑さんが行動してくれたおかげで、「うつ状態」から脱却。薬により症状が抑えられたことから、今までとほぼ変わらない状態にまで回復できた良子さん。

「更年期なんて、50代になって始まるものだと思っていました。でも、よくよく調べてみたら30代40代でも、なる人はなってしまうものなんですよね。無知だった私を救ってくれた姑には『感謝』しかありません」

 仕事が忙しいから? 疲れが溜まっているから? と女性の更年期症状は見逃されがちです。我慢し続けて症状を悪化させることも。しかし、早めに気づいて女性外来など専門の病院へ行くことで、辛さを軽減し、精神的にも安定することができるといいます。もし、体調や精神に違和感をもったら、「更年期かも?」と疑うことも大切かもしれません。

(和栗 恵)

和栗 恵(わぐり・めぐみ)

恋愛コラムニスト・ライフスタイルライター。1970年東京都生まれの B型。雑誌、WEB、ドラマCD、ゲームシナリオ制作など、さまざまな媒体を手掛ける。男女の本質的な違いに着目した、独自の恋愛論・結婚論を、ティーン誌、青年誌、ママさん向けWEB等で展開中。著書にA型夫とB型妻との生活を描いた「毎日がグチLove B型妻 VS A型夫(笠倉出版社)」、「そして、ありがとう…ー犬とわたしの12の涙ー(日本文芸社)」等がある。