暮らし

魔女のキッチン? おばあちゃんの台所? 築70年の家に住むナチュラリストせいこさんの愛用品とは?

著者:小田島 勢子

タグ: , , ,

キッチンをリビングからのぞく【写真:小田島勢子】
キッチンをリビングからのぞく【写真:小田島勢子】

精米して土鍋で炊くごはん。副産物の糠で漬けるアボカドは美味

 キッチンから消えたものもありますが、仲間に加わったものもあります。その一つがさきほど登場した鉄鍋。それから、お米を研ぐ精米機、ご飯を炊く土鍋。次回子供の食については改めてお話ししたいと思いますが、子供のエネルギーの大半は糖質から作られているため、お米は欠かせない食材の一つです。

 毎日食べるご飯がおいしいこと。これをかなえるべく、精米したてのお米を土鍋で炊くようになりました。まだ小さな子供の胃腸に玄米は負担になってしまうので、オーガニックの玄米を七分づきから白米の間で精米し、炊きます。土鍋で炊いたご飯はお米がつやつや、もちもち。そして、火を入れて炊けるまで約10分、蒸らし10分の合計20分程度で炊けてしまう達人技。あららご飯が足りない!というときにも食卓の準備の間にささっと炊けてしまいます。

 副産物の糠粉はぬか漬けに。オーガニック野菜を酢とベーキングソーダでよく洗い、皮付きのまま糠床に投入します。ぬか床ついでにアボカドのぬか漬けをご紹介します。ちょっとまだ硬いなというアボカドを半分に切り、種を取り除き、皮を包丁で剥きます。後は糠床へ2、3日寝かせます。濃厚で何とも癖になってしまうアボカドのぬか漬けは、チーズのようにこってりと濃厚で、お父さんのおつまみにも最適です。

 次回は、使用している調味料たち、子供たちのご飯、そして子供になぜ糖質が必要なのか、を詳しく紹介したいと思います。

(小田島 勢子)

小田島 勢子(おだしま・せいこ)

ナチュラリスト。結婚を機に2004年に南カリフォルニア州へ移住し、3人の女の子を米国で出産。ロサンゼルスの片田舎でバックヤードに鶏たちと豚のスイ、犬のトウフとともに自然に囲まれた生活を送る。母になったことをきっかけに食や環境の大切さを改めて感じ、できることからコツコツと、手作り調味料や発酵食品、スーパーフードやリビングフードを取り入れた食生活をメインに、食べるものは「できるだけ子どもと一緒に作る」「残さない」がモットー。15年に「RUSTIC」を設立。日本で取得した調理師の知識や経験を生かして食のアドバイザー、ライフスタイルのコーディネーターとして活動。日米プロスポーツ選手やアクション映画俳優の身体作りのアドバイザー、味噌、お酢、漬物など発酵食品作りの講師、創作料理のケータリングなど幅広い分野で活躍。
https://rusticfarmla.com/