Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

話題

拡大して驚き! 「本物にしか見えない」とざわつかせた“リアルすぎる”アート作品3選【2022年SNSまとめ】

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

本物にしか見えない“フェルト”のウェディングケーキに釘付け【写真提供:CoCoPo(@CoCoPo0_0)さん】
本物にしか見えない“フェルト”のウェディングケーキに釘付け【写真提供:CoCoPo(@CoCoPo0_0)さん】

 大粒のイチゴがこぼれんばかりに乗ったウェディングケーキ。実はこのケーキはフェルト製のため、食べることはできません。作家活動にSNSを活用するクリエイターは多く、思わず目を疑うような作品がたくさんあふれています。そこで今回は“リアルすぎる”と、2022年に注目を集めた3つの作品を紹介。どれも「どうやって実物と見分けたら良いの?」と、首を傾げたくなるほどの出来栄えです。

 ◇ ◇ ◇

「かわいいケーキを食べたい!」という願望から生まれたフェルトケーキ

ウェディングケーキを拡大すると…その正体に2万人驚愕 「見てるだけで幸せに」

制作者:CoCoPo(@CoCoPo0_0)さん

 作者のCoCoPoさんは、本物そっくりなフェルトケーキを制作販売しています。始めたきっかけは「かわいいケーキを食べたい! 甘いものに囲まれていたい!」という願望。本物のケーキは食べるとおいしいですが、すぐになくなってしまいます。そこで、趣味のフェルト手芸の技術を使って「心で食べる、なくならないケーキを作ろう」と思い立ったことから、この本物そっくりのケーキが誕生したそうです。

 このケーキの素材は何とフェルト。CoCoPoさんがフェルトケーキを制作し始めてまだたったの2年ほどですが、その腕前は折り紙付きです。何とこちらのケーキは、国内ナンバー1のカラーフェルトメーカー「サンフェルト」主催のコンテストでグランプリを受賞しました。

「裏側から見ても楽しめるデザインや、同じようにフェルトで作った台座の木株の年輪や木の皮の表現、今にもこぼれ落ちそうなイチゴの配置など、すべてにこだわり抜いています」と語るCoCoPoさん。66個あるイチゴは1個作るのに1時間ほどかかるため、全体の制作にかかった時間は200時間超だったそうです。

話題のランキング

  • Weekly
  • Monthly

話題のWeeklyランキングは見つかりませんでした。

    話題のMonthlyランキングは見つかりませんでした。

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内Weeklyランキングは見つかりませんでした。

    サイト内Monthlyランキングは見つかりませんでした。