Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

ライフスタイル

お気に入りのニットがほつれた! 自宅でできる対処法 きれいに仕上がるかやってみた

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

冬の必需品、ニット(写真はイメージ)【写真:写真AC】
冬の必需品、ニット(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 寒い今の時期に手放せないニットアイテム。セーターやマフラー、コートなど、必ずひとつは身に着けているという人が多いでしょう。とはいえ、取り扱いには注意が必要。気をつけていても、どこかに引っかけてほつれてしまうことがあります。そこで今回検証するのは、ほつれを目立たなくする方法。2つの裏ワザについて、目の粗いニットと細かいニットで本当にうまく仕上がるのか試してみました。

意外と知らない汗と臭いの関係 「もしかして臭ってる?」 みんなが悩む“汗あるある”

 ◇ ◇ ◇

ほつれた部分の糸を引っ張ったり切ったりするのはNG!

 ニットがほつれてしまった時のNG行為は、飛び出た部分の糸を引っ張ったり、切ったりすること。一か所でも引っ張ってしまうと、全体が突っ張る原因になってしまいます。きちんと直すまで触らないようにしましょう。

 また、飛び出た糸を切ってしまうと、ほつれた時よりも修復が困難に。その部分からさらに穴が広がる可能性もあります。

 そこで今回は、自宅でできるニットのほつれ対処法2つを検証します。それぞれ編み目のタイプに合わせた方法です。また、この方法は目が飛び出ただけで毛糸が切れていない、小さなほつれにのみ有効です。

○目の粗いニット:ほつれをなじませて目立たなくする
○目の細かいニット:ほつれた糸を裏側にしまって目立たなくする

 どちらも比較的簡単にできるとされていますが、本当にほつれが目立たなくなるのでしょうか?