暮らし

衣替えで出したニットに多いトラブル クサい、シワシワどうする? 家庭洗いで解消するコツ

著者:Hint-Pot編集部

教えてくれた人:大貫 和泉

タグ: , , ,

これから活躍するニット類【写真:写真AC】
これから活躍するニット類【写真:写真AC】

 汗ばむ陽気が続いていた地域も、ようやく本格的な「衣替え」の季節が到来。 久々にニットを出してみたら……なんだかイヤなニオイがついていたり、黄ばみやたたみジワが気になるなんて経験はありませんか? 「そんな時は、一度洗ってリセットしてみませんか」というのは、ライオンお洗濯マイスターの大貫和泉さん。これからの季節に大活躍のニット。気を付けて片付けていたつもりでも、衣替えで出してみたら気になることがいっぱいで着られない! という時でも慌てずに。家庭でできるニット洗い、干し方のコツを教えていただきました。

 ◇ ◇ ◇

いざ着ようと思って出してみたら… 衣替え「あるある」

 肌寒さが増してきて、ニットが活躍するシーズンがやってきました。いざ着ようと出してみたら、ニオイやシワが気になって着られずにいることも。「片付ける際に、跡がつかないようにアーチハンガーを使うなど気を付けていてもシワはついてしまうものです。またセーターなどは、収納などによってつぶれていると保温性も低下します」と大貫さん。確かにつぶれてしまって、せっかくのニットのふんわり感がなくなってしまったという経験もあるかもしれません。

 衣替えでしまっておいた衣類を取り出した時の困った“あるある”として、ニットに限らず次のようなことが挙げられるようです。

〇イヤなニオイがついている、臭い、防虫剤のニオイがする
「保管していた衣類のニオイの主な原因は、収納前に残っていた皮脂汚れ。長くしまっている間に皮脂汚れが変質してニオイや黄ばみとなったり、カビを招いていることもあります」

〇タンスから出した衣類が黄ばんでいた!
「繊維の奥に洗濯で落とし切れなかった皮脂が原因です」

〇ニットのたたみジワ、つぶれ
「気を付けて片付けても、収納により、どうしてもシワなどができたり、ヨレたり、つぶれたりすることも。特にニットはつぶれていると保温性も低下します。跡がつかないようアーチハンガーを使ったり、 せっかく気を付けていても、シワはついてしまうものです」