暮らし

災害時に思ったこと、役立ったもののイラスト付きメモが反響 「経験者だけが気づくアドバイス」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

まーぼーさんのイラスト付きメモの一部【画像提供:まーぼー(@mabo_twit)さん】
まーぼーさんのイラスト付きメモの一部【画像提供:まーぼー(@mabo_twit)さん】

「あくまでも個人の所感ですが…」 台風15号で被災 大規模停電などの経験をまとめて投稿

 台風19号は、甚大な被害をもたらし、いまだ救助活動が続いています。危険な台風は接近前から警戒され、前日にはスーパーの食品が品薄になったり、電池や防災用品を求める人々の長蛇の列ができるなどの混雑もありました。改めて災害時に、なにをどう「備え」たら良いのか、考えた人もいるかもしれません。そんな中、9月の台風15号に被災したまーぼーさん(@mabo_twit)が「災害時に思ったこと、役に立ったもの」をまとめたイラスト付きのメモ投稿が「役立つ」とSNSで話題になっています。

 ◇ ◇ ◇

 まーぼーさんは、先月の台風15号での大規模停電などの経験を元に描いたイラスト付きのまとめメモをツイッターに投稿。「あくまでも個人の所感ですが台風15号被災時に思ったことや役に立ったもの等をまとめました」として、季節を問わず使えるもの、あるとより良かったもの、日ごろから心がけておくことなど丁寧に見やすくまとめています。

 また、ゴミ収集車が来るまで生ごみの処理をどうしたか、片付け時の服装の様子など、経験した人でないとなかなか気が付かない点にも触れています。

「個人用の備忘録として作成したまとめで誤字脱字も多く、居住地や生活スタイルによりすべての方に当てはまるものではありませんが」とのことですが、投稿を見たユーザーからは「役に立つ」とたくさんのコメント。「とても大変な経験をされた中、自身の経験をわかりやすくメモにされている」「経験者だけが気づく的を得たアドバイス」など反響を呼んでいました。