Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

話題

「ママすごい! てんさい!」4歳娘も大喜びの自作プリキュア衣装 製作期間はわずか1週間

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部/クロスメディアチーム

既製品顔負けのクオリティーの手作り衣装【写真提供:あしゅ ディズニー衣装製作ママ(@bknm146)さん】
既製品顔負けのクオリティーの手作り衣装【写真提供:あしゅ ディズニー衣装製作ママ(@bknm146)さん】

 子どもを喜ばせるためなら、どんなことでも頑張れてしまうのが親というもの。愛する娘のために、かわいらしいキャラクター衣装を一から手作りした母親の投稿が、SNS上で話題を集めています。インスタグラム(yukytp40209)上で手作り衣装を多数公開しているあしゅ ディズニー衣装製作ママ(@bknm146)さんに、力作衣装の製作秘話を聞きました。

【SNSで話題沸騰】簡単・快適・清潔! 猫ラバーズの必見の全自動トイレの導入で毎日の悩みを解決!

 ◇ ◇ ◇

ワンピースとカチューシャは3日、小物も合わせた合計作業時間はたったの1週間ほど

「人生ではじめてプリキュアを見た4歳が、『ぷりきゅあになりたい…』と言ったのでキュアワンダフルを作りました」「写真ではわからないけどスカートのボリュームにこだわりが詰まってるよ」

 今月7日に投稿された写真には、子どもたちに大人気のアニメ「わんだふるぷりきゅあ!」の主人公・キュアワンダフルのコスチュームを模した手作り衣装が収められています。細部に至るまで立体的に縫製された仕上がりには、「作りました…??? 作りましたぁ?!?! 嘘だろ?! このクオリティを…つくった……???? 素晴らしすぎないか????」「お母ちゃんの本気がスゲェ!」「玩具屋さんで売ってる既製品より遥かにクオリティ高い」「既製品顔負け、それ以上のクオリティ」「素晴らしいです!!ボリューム感も本物っ」と驚きの声が相次いでいます。

「独身時代、ディズニー・ハロウィーンに仮装して参加したくて衣装作りの世界に足を踏み入れましたが、今のように趣味として定期的に作るようになったのは娘ができてからです」と投稿者のあしゅさん。衣装製作歴は4年ちょっとだといいます。

 製作期間については「実は娘がプリキュアにハマり始めてすぐ、近場で撮影会のイベントがあったので、それに間に合わせたくてワンピースとカチューシャは3日で作りました(笑)。その後、タイツ等の小物を作ったり、実際に着用して気になった点を作り直したりして今に至ります」とのことで、小物も合わせた合計作業時間はたったの1週間ほど。自宅にある端切れや資材を利用し、新たに買い足した材料は5000~6000円程度だそうです。

「娘が毎日プリキュアを見ていて大好きな気持ちが伝わってきていたので、自然といつも以上に気合が入りました! 原作のようなふわふわのボリュームのスカート、タイツやブーツカバーの小物まで抜かりなく作ったり……こだわりはありすぎて書ききれません」

 気になる娘さんの反応については「いつもは何を作っているか娘も把握しているのですが、今回はサプライズにしたくて一切途中経過を見せませんでした。当然試着もできないので丈感が大丈夫か心配なまま作りましたが、完成品を見せたときは『ママすごい! てんさい!』と大喜びでした」。今では毎日のように手作り衣装を着てプリキュアを鑑賞しているということです。

(Hint-Pot編集部/クロスメディアチーム)