Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

カルチャー

「拒絶されたと傷つくことも」 ドイツ人YouTuberが語る 日本人が誤解を受けやすい行動とは

公開日:  /  更新日:

著者:和栗 恵

外国人旅行者のツアーを行うレナさん【写真提供:株式会社ナノボ】
外国人旅行者のツアーを行うレナさん【写真提供:株式会社ナノボ】

 ドイツ・ミュンヘンに生まれ、日本で夫のタカさんと出会ってYouTubeチャンネル「LTブログ」を始めたレナさん。日独カップルが生み出す絶妙なハーモニーで、登録者数10万人を超える人気コンテンツになりました。レナさんは、YouTuberでありつつも会社を経営する社長。日本を訪れる外国人旅行者に向けたツアー、国内の自治体や起業に向けての観光コンサル事業を行っています。そんなレナさんに、外国人から見た日本の「不思議」について伺いました。

【SNSで話題沸騰】簡単・快適・清潔! 猫ラバーズの必見の全自動トイレの導入で毎日の悩みを解決!

 ◇ ◇ ◇

名古屋でインバウンド観光会社を経営するレナさん

 日本で勤めていた会社を辞め、世界一周旅行を機に人気YouTuberへと転身を果たしたレナさん。2021年にはスペイン人のビジネスパートナーとともにインバウンド観光会社の株式会社ナノボを立ち上げました。

「大きく分けて2つのサービスを取り扱っています。ひとつは、日本を訪れる外国人旅行者に向けたコンテンツ。ツアーの企画や販売、運用などを行っていて、私自身も毎週、何かしらのツアーのガイドをしています。たとえば、日本の文化を知らないまま日本に来る方もいるので、靴を脱ぐこと、サンダル履きで汚れた足のままたたみに上がるのはマナー違反になるので、靴下を持参することなども伝えています。

 もうひとつは、インバウンド向けの観光コンサルティングです。国内の自治体や観光関連の企業に向けて、アドバイスをしたり、地域創生プロジェクトのお手伝いをしたり、ツアーの企画やPRのサポートをしたりしています。主に欧米外国人に向けた企画にコンサルで入っています」

 外国人の視点から適切なアドバイスや改善点を見出せることが、なによりの強みかもしれません。