Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

カルチャー

外国人が「日本、優しすぎる!」と驚愕 気遣いを感じた意外なものとは

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

ポリネシアンアーティストとして活動するヨーコさん【写真提供:ヨーコ】
ポリネシアンアーティストとして活動するヨーコさん【写真提供:ヨーコ】

 訪日外国人が感激することの多い、日本の“おもてなし”。相手の立場や状況を想像しての対応は、高いホスピタリティにつながっています。日本で暮らし、ポリネシアンアーティストとして活動するヨーコさんは、そうした気遣いに満ちた言葉や姿勢が好きだと語りました。いったい、どんなときに、そうしたことを実感しているのでしょうか。

【SNSで話題沸騰】簡単・快適・清潔! 猫ラバーズの必見の全自動トイレの導入で毎日の悩みを解決!

 ◇ ◇ ◇

「島で会った人みんな、とても温かくて」

 日本で生まれたヨーコさんは、子ども時代を母親の母国であるトンガ王国で過ごし、高校卒業を機にニュージーランドへ。その後結婚、出産を経て、日本に帰国。現在は、アーティスト活動や、トンガ王国を含めた太平洋諸国と日本をつなぐ活動を行っています。

 そうしたなか、異文化交流を進める関係で八丈島を訪れたそう。豊かな自然や美しい海、島独自の工芸品や文化、ゆっくりとした時間の流れに身を置き、トンガを思い出したといいます。

八丈島で地元の人たちと交流したヨーコさん【写真提供:ヨーコ】
八丈島で地元の人たちと交流したヨーコさん【写真提供:ヨーコ】

「たまたま入った居酒屋で話した店主の方が、私たちが帰る日、船を見送りに来てくれたんです。島で会った人みんな、とても温かくて、大好きになりました」と話すヨーコさん。八丈島の自然や文化だけでなく、島の人々の人柄にも魅了されたようです。