海外ニュース

メーガン妃 長男アーチーくんの誕生パーティーは“自粛” 米国で「有名人の子のように育つだろう」と専門家

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , , ,

ヘンリー王子とメーガン妃、アーチーくん【写真:Getty Images】
ヘンリー王子とメーガン妃、アーチーくん【写真:Getty Images】

6日に1歳 妊娠中はベビーシャワーや衣装代など莫大な費用で話題に

 メーガン妃とヘンリー王子の長男アーチーくんは、5月6日に満1歳の誕生日を迎える。英王室を離脱して米ロサンゼルスに移住した夫妻は、愛息を「米国人として育てるだろう」と王室伝記作家が指摘している。英紙が伝えた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、盛大に開かれる予定だったアーチーくんの誕生パーティーは“自粛”。家族3人で過ごすとされている。昨年の長男の誕生時には、妊娠中の衣装代が日本円で7000万円を超えたと報じられたり、プライベートジェットで米ニューヨークを訪れ高級ホテルで開催されたベビーシャワーに参加したりするなど、出産までの莫大な費用が英メディアでバッシングの的となったメーガン妃だが、今年は静かな誕生日となりそうだ。

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「デイリー・エクスプレス」によると、王室伝記作家のペニー・ジュナー氏は、ヘンリー王子夫妻は英国よりも米国で多くの時間を過ごすことになるとし、1歳の誕生日を迎えるアーチーくんは、ウイリアム王子とキャサリン妃の3人の子どもたち、つまり王室のいとことは異なるアクセント、習慣、文化を身に付ける可能性が高いと指摘している。

 ジュナー氏は「アーチーくんは異なります。違う国に住み、親戚の周りで育ちません。王室全員が残念に感じていると思います。米国で有名人の子どものように育てられるでしょう。米国訛りの言葉を話すなど米国人として成長するのでは」と述べている。ただ、一方で「愛情不足にはならないでしょう。ヘンリー王子は息子を大変誇りに思っています」とも語っている。

 6日に満1歳になるアーチーくん。特別な日は両親と家で過ごすことになるという。関係者は「3人だけになるでしょう。メーガン妃はゲストや移動することのリスクを避けています」と語っている。

 関係者によると、アーチーくんの1歳の誕生日を祝うため夫妻は英国に行く計画を立てていたものの、新型コロナウイルスのパンデミックにより不可能に。また、6月にはエリザベス女王の公式誕生日を祝う式典「トゥルーピング・ザ・カラー」に出席予定だったが、こちらも中止となった。

 それでもジュナー氏は、メーガン妃とヘンリー王子がアーチーくんの誕生日に王室と連絡を取ると考えている。「会えなくなり、皆にとってつらいことです。誕生日には電話をたくさんするはずです。素敵なケーキも用意されるでしょう。アボカド・ケーキかもしれませんね」と説明。そして、こう予測した。

「エリザベス女王と話すことになると思いますし、間違いなくアーチーくんの祖父のチャールズ皇太子とは話すでしょう。しかし、もう1人の祖父、トーマス・マークルさんとは話さないかもしれませんね。とても残念なことです」

 両親が英王室を離脱したとはいえ、エリザベス女王にとってアーチーくんはかわいいひ孫。ビデオ通話など何らかの形で1歳の誕生日をお祝いすることになりそうだ。

(Hint-Pot編集部)