動物・レジャー

エアコンが苦手な愛猫への対処法 停電時にも使える暑さ対策!

著者:猫ねこ部

タグ: , , ,

冷房が苦手な猫は意外と多い(写真はイメージ)【写真:写真AC】
冷房が苦手な猫は意外と多い(写真はイメージ)【写真:写真AC】

遮光カーテンやペット用の冷感シートなど 便利アイテムを賢く利用!

 猫がエアコンを嫌がる場合はどうしたらいいのでしょう。風が身体に当たるのが嫌、エアコンの空気が苦手、温度が合っていない、音が怖いなどの理由でエアコンを嫌がる猫も多く、エアコンのついていない部屋へ移動しがちです。しかし、暑い夏は脱水症状が心配。エアコン嫌いの猫の対処法や工夫をまとめました。停電時にも備えてチェックしましょう。

 ◇ ◇ ◇

 愛猫がエアコンを苦手な場合、風通しを良くしたり、ペット用の冷感シートを使用したりするなどの対処法があります。停電時にも使える暑さ対策は次の通り。

・風通しを良くする(網戸用ロックなどを取り付け脱走に注意)

・タオルを巻いた保冷剤やペット用冷感シート、アルミプレートなどを用意しておく
(保冷剤の種類によってはエチレングリコールを使用しているものがあります。犬猫、赤ちゃんなどにとって大変危険ですので、成分の分からない保冷剤は使わないようにしましょう。中身を舐めてしまうと猫は腎不全で死亡する恐れがあります)

・トイレやお風呂場の出入りを自由に
(必ず風呂の水は抜いておく。トイレのフタは閉じておく)

・遮光カーテンをする

・日陰スペースを作る

 しかし、近年ますます高温多湿になっている真夏などは熱中症の危険が高まっており、やはりエアコンは必須。静音モードにしたり、エアコンの風を遮るスペースを作ったりするなど工夫しながら、慣らしてあげる必要があります。

 また、長毛種の猫のサマーカットは温度対策にはあまりならないためおすすめしません。直射日光の紫外線ダメージが直に皮膚に当たりますし、毛がある状態で体温調節しているので、見た目で涼しそうと判断するのは危険です。また、グルーミングで皮膚を傷付けてしまったり、毛の感触がないのでストレスを感じたりしてしまいます。

 あったかそう~なモフモフの毛を見るとついつい「暑いのかも……」とエアコンの設定温度を低くしてしまいがちかもしれませんが、部屋の冷やしすぎにもくれぐれもご注意を。様子をしっかり見ながら、エアコンをうまく使って心地よく過ごさせてあげてください。

エアコン使用前には必ず掃除を 効きすぎにも注意

 エアコンを使用する際には以下のような点にも注意しましょう。

 
○使用前に必ず掃除を

 久しく使っていなかったエアコンは、内部にカビが発生している可能性があります。掃除をしないまま使用すると室内にカビが拡散されてしまい、猫はもとより人間の健康にも影響します。使う前に掃除することをおすすめします。猫の嗅覚は人間の数万倍利くので、エアコンをつけると部屋からいなくなるなどの行動をする場合は、カビが繁殖している可能性があります。

 
○エアコンの風が直接当たらないように

 猫が普段よくいるスペースにエアコンの風が直接当たってしまうと、体調を崩してしまいます。設定温度だけでなく、風向きは上に、風量は弱にするなどして調整してあげましょう。直接の風を避けることができる猫ハウスを用意するのもおすすめです。

 
○音は静音モードに

 エアコンの音が苦手な猫も多いです。なるべく音の静かな静音モードなどを使いましょう。

 
○部屋のドアを締め切らない

 エアコンが効きすぎてしまっている時に、猫がエアコンをつけていない部屋へ逃げられるようにしておくことも大切。避難部屋は小窓を開けるなど、なるべく風通し良くしておきましょう(開ける窓は脱走対策を忘れずに)。

 
○万が一の停電・故障に備えておく

 地震や豪雨・台風などの自然災害による停電、また突然の故障など、厳しい暑さの中でエアコンが止まってしまう可能性もゼロではありません。