動物・レジャー

愛犬愛猫がかかりやすい病気は? 手術代はいくらかかる? ペット損保大手が「傷病ランキング」発表

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

家族同様の存在のペットにはいつまでも健康でいてほしい(写真はイメージ)【写真:アイペット損害保険株式会社】
家族同様の存在のペットにはいつまでも健康でいてほしい(写真はイメージ)【写真:アイペット損害保険株式会社】

最も保険金請求が多かったのは、犬は「皮膚炎」&猫は「下痢」

 ペットは家族同様の存在。いつまでも元気でいてほしいものです。アイペット損害保険株式会社は、契約者からの保険金請求実績に基づく「保険金請求が多い傷病ランキング」を発表。総合(通院・入院・手術)で最も保険金請求が多かったのは、3年連続で犬は「皮膚炎」、猫は「下痢」という結果になりました。犬猫共通で「消化器系疾患」、猫は「泌尿器系疾患」が多いことも分かりました(傷病=疾病と傷害を総称した呼称)。

 ◇ ◇ ◇

 犬の総合ランキングでは、3年連続で1位「皮膚炎」、2位「外耳炎」となりました。猫の総合ランキングでは、3年連続で「下痢」が1位に。以下は「皮膚炎」「腎臓病」が続きました。傷病傾向別に見ると、犬猫ともに「胃腸炎」「下痢」「嘔吐」などの消化器系疾患、猫の場合は「腎臓病」「膀胱炎」「尿石症」など泌尿器系疾患が多く並びました。

 犬の手術で最も多いのは「腫瘍」、猫では「遺物誤飲」になっています。犬の「腫瘍」では、皮膚腫瘍を手術で取った場合に9万400円、猫の「異物誤飲」では、開腹手術の場合に22万800円の診療費が発生することがあります(これらは手術の一例で、金額は参考)。

 年齢別にみていくと、昨年同様、犬猫ともに0歳では「下痢」が1位となりました。子犬・子猫では免疫力が整っていなかったり、消化機能が発達していなかったりするために下痢をしてしまうことがあるようです。犬では「外耳炎」「皮膚炎」「胃腸炎」、猫では「結膜炎」「皮膚炎」「胃腸炎」と炎症を起こす疾患がそれぞれ上位に入っています。

 次に、犬の1~6歳は、昨年と同じく1位から「皮膚炎」「外耳炎」「胃腸炎」と並びました。7歳以上のシニア期では、犬は「皮膚炎」が最多になっています。猫の1~6歳は、例年上位に挙がる「下痢」がランク外となり、代わりに「腎臓病」が3位になりました。シニア期の猫は「腎臓病」が昨年同様最多で、犬猫ともに6歳以下にはない「腫瘍」が上位に入っています。

 長寿命化が進む犬猫ともに、人間と同じような病気にかかる可能性が分かってきています。「元気がない、食欲がない、吐く、便がいつもと違う」といった症状は、さまざまな病気を早期発見する上で大変重要な症状です。少しでも変化がある時には気付いてあげられるように、日々の様子を見てあげることが重要です。

(Hint-Pot編集部)