動物・レジャー

ねこの悩みを聞き最適な柄・色を塗る職人「猫塗り屋」 話題の漫画の作者に思いを聞いた

著者:猫ねこ部

タグ: , ,

漫画のワンシーン【画像提供:清水めりぃ(@zatta_shimizu)さん】
漫画のワンシーン【画像提供:清水めりぃ(@zatta_shimizu)さん】

 ねこのさまざまな悩みを受け止め、いちばん愛される柄・色に塗る職人とねことの物語を描いた漫画「猫塗り屋」(KADOKAWA刊)。2018年からツイッターで公開されていましたが、今年4月に単行本になりました。作者は、こちらもツイッター発の人気漫画「ブラック企業の社員が猫になっていた会社員・モフ田くんの場合」(KADOKAWA刊)でおなじみの清水めりぃ(@zatta_shimizu)さん。ねこへの深い愛情に包まれた今作に込めた思いについて聞きました。

 ◇ ◇ ◇

日本一の職人の元へ救いを求めやってくるねこたちの物語

「ねこのお悩みは柄の『塗り直し』で解決されちゃう!?」

“ねこラバー”なら、思わず手に取りたくなるキャッチコピーではないでしょうか。「猫塗り屋」とは、ねこの品種を守りつつ、健やかな“猫生”を支える「ねこのセラピスト」。ざっくり言うと、ねこの悩みを解決してくれるカウンセラーのような職業。

「新しい自分に生まれ変わりたい!」と相談にやってくるねこたちの悩み一つひとつを受け止め、「モヤモヤ」を解決すべく柄・色を塗り替えるお仕事なのです。

 日本一の猫塗り屋“歌国芳春(ほうしゅん)”のもとで2年ほど修業を積み、独立した“歌国白妙(しろたえ)”のもとに、救いを求めて訪れるさまざまなねこたち。でも白妙は、ねこの希望する柄・色をそのまま塗るわけではありません。

 ねこの悩みに寄り添い、一定期間だけ毛の色を変えられる「一日絵具」や「一か月絵具」「三か月絵具」などを使いながら、その子にあった解決法を示していくのです。

奥深いストーリーに愛猫家なら思わず涙!?

第1話のワンシーン。三毛ねこの「りん」【画像提供:清水めりぃ(@zatta_shimizu)さん】
第1話のワンシーン。三毛ねこの「りん」【画像提供:清水めりぃ(@zatta_shimizu)さん】

 2018年6月に公開され、単行本ではフルカラーで新たに描き直された第1話では、三毛の「りん」が「ロシアンブルーになりたい」とおねだり。「いつも三毛柄だと飽きられて捨てられちゃうかも……」。そう心配して白妙にお願いするのですが、白妙はりんを今までと同じ三毛柄に塗り直します。

 鏡を見て驚き抗議するりんに、白妙は優しくこう諭すのです。「お前は三毛柄が一番かわいいの。飽きたりしないから、一生三毛柄に塗らせてね」

 ねこを誰よりも深く愛し、敬い、大切に考えられなければそう簡単にはできないお仕事。白妙のりんを思う姿に、我が子を重ねて思わず涙してしまう方は多いのではないかと思います。