海外ニュース

キャサリン妃もメーガン妃も秋冬に大好きな定番アイテム! エレガントなブーツコーディネートを先取り

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

キャサリン妃とメーガン妃【写真:Getty Images】
キャサリン妃とメーガン妃【写真:Getty Images】

 ブーツの季節はもうすぐ! 履くだけでおしゃれ度がアップするブーツは、今年も絶対取り入れたいところ。しかし、ともするとカジュアルすぎて見えてしまうことも。そこで、気品をキープしつつスタイリッシュに履きこなす、ロイヤルレディたちのコーデを参考にしましょう! キャサリン妃やメーガン妃といった、ロイヤルファッションアイコンのブーツスタイルをチェック。

 ◇ ◇ ◇

カジュアルなトレッキングブーツは今年も流行の予感

 英雑誌「ハロー」は、ロイヤルファミリーの女性たちがブーツを履いたコーディネートを特集している。それによると、キャサリン妃は素晴らしいブーツコレクションを所有しているという。

「ペネロペ チルバース」のライディングブーツや「LKベネット」のレースアップブーツを履き、過去に売り切れになったことがある。

 そんなキャサリン妃の最近のお気に入りスタイルは、ミディ丈のドレスにロングブーツを合わせたコーディネート。今年3月にアイルランドを訪問した際には、「ラルフローレン」のブーツに「スザンナ」のドレスを合わせて話題になった。

 また、昨年に引き続き今年もトレンドになりそうなのが、キャサリン妃もお気に入りのトレッキングブーツ。実用的でかっこよく、ドレスの“ハズし”アイテムとしてこのブーツを合わせ、少しタフに着こなしてもいいし、妃を参考にしてシンプルにジーンズと合わせてもいいと解説している。

定番のブラックレザーはロングとショートを使い分け!

 メーガン妃もブーツが大好き。気に入っているのは「スチュアート ワイツマン」の黒レザーブーツ。同ブランドはキャサリン妃も、義理の従妹にあたるベアトリス王女とユージェニー王女姉妹も好きだと言われている。

 また、メーガン妃はショートブーツもおしゃれに履きこなしている。2018年に英ロンドンの慈善団体「ハブ・コミュニティ・キッチン」を訪問した際に履いていた「ジバンシィ」のレザーブーツは、とてもシックで印象的だった。

 ブーツ好きなのは、英王室のファッションリーダーであるエリザベス女王も例外ではない。記事では、2009年に女王が黒のレザーロングブーツを履きこなしている写真を掲載し、称賛している。

(Hint-Pot編集部)