海外ニュース

存在感増すウイリアム王子 エリザベス女王とフィリップ殿下から引き継いだ“重要な役割”とは…

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , , ,

ウイリアム王子【写真:AP】
ウイリアム王子【写真:AP】

“環境問題のノーベル賞”ともいうべき「アースショット賞」を創設するなど、将来の英国王として存在感を見せているウイリアム王子。エリザベス女王とフィリップ殿下が、そんな孫の行動を目の当たりにして、新たな重要な役割を引き継いだという。英メディアのインタビューなどで、環境問題について真剣な表情で語る王子の姿に、家族も心を打たれているようだ。

 ◇ ◇ ◇

女王と殿下が何十年にもわたり担ったパトロンのポストを継承

 英大衆紙「デイリー・ミラー」によると、エリザベス女王とフィリップ殿下は、ウイリアム王子に野生生物保護に関する勇敢な取り組みを続けていくための2つの重要な役割を引き継いだという。それは、「ファウナ&フローラ・インターナショナル」と「英国鳥類学協会」の“パトロン”。どちらも、自然環境を守ろうとしているコミュニティを長きにわたってサポートする王子の努力と一致するものだとしている。

「ファウナ&フローラ・インターナショナル」は、世界中の生物多様性と絶滅危惧種を守る団体。エリザベス女王は約70年間にわたり、この団体の仕事を支えてきた。

 そして「英国鳥類学協会」は、鳥の種と自然界における生息地の保護をコミュニティに働きかけることを目的にした団体で、フィリップ殿下が30年以上前にパトロンを引き受けたという。

 この2つの役割を「アースショット賞」を創設した後に引き継いだというウイリアム王子。同賞では、今後10年間にわたって50人の受賞者に5000万ポンド(約70億円)の賞金を贈ることが決まっており、米国のバラク・オバマ前大統領らも絶賛していた。そんな孫の頼もしい姿を見て、女王と殿下も「重要な役割」を安心して任せられると思ったのかもしれない。

 同紙は、ウイリアム王子が以前、英メディアにインタビューを受けた際、希望を持つことへの重要性や家族と環境問題の話をするかなどについて聞かれ、「正直に言うと、子どもたちの時代に向けて希望のレベルを維持するのに苦労している」「これについて十分なことをやっているかなどと自分に問う瞬間がある」と答えていたことも紹介。この真剣な思いが明るい未来を切り拓くことになりそうだ。

(Hint-Pot編集部)