海外ニュース

メーガン妃 「メイクと肌のお手入れ」で“影響力ある”セレブに 検索回数でキャサリン妃に勝利

著者:森 昌利

タグ: , , ,

キャサリン妃とメーガン妃【写真:Getty Images】
キャサリン妃とメーガン妃【写真:Getty Images】

 ダイアナ元妃の長男ウイリアム王子に嫁いだキャサリン妃と、次男ヘンリー王子の妻となったメーガン妃。世界中から注目を浴びる英王室のメンバーとなったことで、何かと比較もされる。最近の好感度アンケートではメーガン妃の人気下降が目立つなど、“王室引退”後はキャサリン妃との差が開くばかりだ。しかしここに来て、メーガン妃がキャサリン妃に僅差で勝利した“ネット検索”の項目があったという。英紙が伝えている。

 ◇ ◇ ◇

グーグルでメイクアップの参考として検索されたセレブをランキング化

 英大衆紙「デイリー・エクスプレス」が掲載した記事によると、その項目は「メイクアップ」と「肌のお手入れ」。メーガン妃がキャサリン妃を両項目で上回るセレブリティとしてランクインした。

 同紙によると、調査を実施したのはオンラインのプレミアム化粧品販売会社「LOOKFANTASUTIC(ルックファンタスティック)」。今年、一般人がグーグルでメイクアップの参考として検索したセレブリティをランキング化した。

 この調査のうち、「メイクアップ」でメーガン妃は1万1040回検索され、13位だったという。9480回で14位だったキャサリン妃をわずかに上回った形だ。メーガン妃のメイクといえば、今年10月にノーベル平和賞受賞者で人権運動家のマララ・ユスフザイさんと対談した際、その大胆さから「王室ファンを驚かせるものだったかもしれない」と話題になっていた。

 また、「肌のお手入れ」だと、メーガン妃は1680回検索され、1320回のキャサリン妃よりも影響力があるという結果になった。

 この調査では、カイリー・ジェンナーが両項目ともトップ。ヴィクトリア・ベッカムも双方で2 位という結果となった。「メイクアップ」ではアリアナ・グランデが、「肌のお手入れ」ではミリー・ボビー・ブラウンが2人に続き3位となっている。

 なお、10月に英企業が行ったロイヤルファミリーの主要メンバーの好感度調査では、メーガン妃の支持率はマイナス26%の8位という悲惨な結果に。昨年10月時点の55%から81%も下落するという衝撃的な数字だった一方、キャサリン妃の支持率は62%で3位という好結果だった。

“王室引退”の影響も大きく、好感度では大きな遅れをとったメーガン妃だが、「メイクアップと肌のお手入れ」ではキャサリン妃を上回る注目を浴びているようだ。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)