海外ニュース

メーガン妃と同じセレブ御用達病院でユージェニー王女が出産 2人の違いは?

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

メーガン妃、ユージェニー王女【写真:AP,Getty Images】
メーガン妃、ユージェニー王女【写真:AP,Getty Images】

 アンドリュー王子の次女でエリザベス女王の孫にあたるユージェニー王女。2018年にジャック・ブルックスバンク氏と結婚した王女は現地時間9日、第1子の男児を出産した。王女夫妻は赤ちゃんの手を握る写真をインスタグラムに投稿し、その喜びを伝えている。また、出産場所はメーガン妃と同じセレブ御用達病院だったが、英大衆紙によるとある点で大きな違いがあるという。また、この病院の豪華さにも目を見張るものがあるようだ。

 ◇ ◇ ◇

夫が立ち会う中、9日午前8時55分に男児を出産

 2018年に実業家のジャック・ブルックスバンク氏と結婚したユージェニー王女は、昨年にSNSで妊娠を発表。予定日は1月末としていたが、出産は現地時間2月9日となった。とはいえ、新型コロナウイルス流行によるロックダウン措置が長引く英国では久々の明るいニュースだ。

 英王室の公式発表によると、王女は夫が立ち会う中、9日午前8時55分に英ロンドンのポートランド病院で3657グラムの男児を出産。夫妻の第1子でアンドリュー王子とセーラ元妃にとっては初孫、エリザベス女王とフィリップ殿下にとっては9人目のひ孫となる。現在は母子ともに健康だという。

 また、ロイヤルベビーの名前は出産から時間を置いて発表されるため、この公式発表では明かされていない。名前予想のオッズを伝える複数メディアによると、現時点での1番人気は「アーサー」、2番人気は「ジェームズ」だそうだ。

メーガン妃も出産した超豪華病院 費用は約220万円から

 英大衆紙「デイリー・ミラー」によると、王女が出産した英ロンドンのポートランド病院は、王女自身と姉のベアトリス王女が生まれたプライベート病院。メーガン妃も同病院でアーチーくんを出産しているが、両者の出産には大きな違いがあるとしている。

 その違いとは、出産場所が明らかになったタイミングだ。ヘンリー王子夫妻は場所を秘密にしようとしたため、出生届に書かれるまで不明だった。一方でユージェニー王女夫妻は、英王室が出産を発表した声明文に明記されていた。

 また同紙は、病院の豪華さにも言及。出産費用は最低1万5000ポンド(約220万円)から(同院で出産経験がある人のブログなどによると、諸条件によりこれより安くなる場合もあるとされている)で、これまで50万ポンド(約720万円)を支払ったケースもあるという。この価格ゆえセレブ御用達となっており、ヴィクトリア・ベッカムやセレブシェフであるジェイミー・オリヴァーの妻、女優のケイト・ウィンスレットとエマ・トンプソンなどがここで出産した。

 同紙によると、施設内には36の個室を備え、出産時ケア以外にも赤ちゃんの写真を撮影する企業など、さまざまなサービス施設が設けられている。気になる食事は5つ星ホテルの「ザ・ドーチェスター」が担当しており、24時間体制で対応。ある料理人によると、希望に応じてフォアグラやロブスター、オイスター、高級シャンパンのドン・ペリニヨンなども用意できるという。しかも何と、すべてシルバーの皿で供されるそうだ。

(Hint-Pot編集部)