海外ニュース

メーガン妃はキャサリン妃に嫉妬 王室記者の持論に共感殺到「長い間明らかだった」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

キャサリン妃とメーガン妃【写真:AP】
キャサリン妃とメーガン妃【写真:AP】

 英王室内での暮らしを暴露し、王室メンバーによる人種差別疑惑が大きな波紋を呼んでいるメーガン妃。もう1つ大きな注目を集めたのが、義姉キャサリン妃との関係性だ。“王室引退”以前から不仲が囁かれていた2人だが、今回のインタビューでメーガン妃は何度もキャサリン妃の話題を出し、いかに報道が間違いであるかを主張していた。しかし、ここまで2人が不仲になった原因は何だったのか。王室記者のコラムが話題を呼んでいる。

 ◇ ◇ ◇

ヘンリー王子が結婚するまで「本物の姉弟」のように良好な関係

 英王室で盤石の人気を誇る、ウイリアム王子の妻キャサリン妃。8年の交際を経て結ばれ、今年で結婚10周年となる。婚約時には「ウェイティ・ケイティ(待ちぼうけのケイトちゃん)」と不名誉なあだ名を付けられ、結婚初期には好意的ではない報道も少なくなかった。それでも献身的に夫を支える姿や飾らない笑顔で徐々に支持されるようになっていった。

 その穏やかな人柄は、結婚前の義弟ヘンリー王子との関係性からも伝わってくる。2人きりで公務に臨むことが多かったため、王子は妃を本物の姉のように慕い、満面の笑みを浮かべジョークを言い合う姿が度々写真に収められている。また、王子自身もインタビューなどで母ダイアナ元妃を亡くした心の傷を妃が癒やしてくれたことを明かし、良好な関係を語っていた。

 その後、ヘンリー王子が結婚。ウイリアム王子は結婚前、急ぎすぎるあまりに弟が痛い目を見てしまわないか心配したことで兄弟仲に亀裂が入ったと、ヘンリー王子夫妻の非公式伝記「Finding Freedom(自由を求めて)」で明かされている。

 とはいえ当初は、英王室の“ファブ4”(素晴らしい4人組)として、世界中を熱狂させたウイリアム王子夫妻とヘンリー王子夫妻。しかし弟夫婦の結婚からわずか1年8か月後、共同名義だった王室チャリティ団体をヘンリー王子とメーガン妃が離脱し、兄弟は決裂することとなった。その後、4人の不仲報道は過熱。そして“王室引退”となり、兄弟は完全に別の道を進んでいくことが宣言された。

“ファブ4”の決裂はメーガン妃の嫉妬が原因?

 英大衆紙「デイリー・メール」に掲載された王室担当記者リチャード・ケイ氏のコラムによると、メーガン妃はインタビュー中に何度も話題をキャサリン妃の話に誘導。地位の違いや、いかに異なる扱いを受けてきたかという主張を繰り返しており、その様子は「強迫観念の一歩手前のようだった」と記している。

 メーガン妃はインタビューで、キャサリン妃と自分に対して「英雄と悪役の物語」が作られたと持論を展開。自分が悪役に仕立て上げられ、またメディアは悪役であるという印象を視聴者に持たせたと主張している。

 また、民間出身で王室生活への適応に苦労してきたキャサリン妃は、メーガン妃の最大の味方になったはずだ。しかし、キャサリン妃はケンジントン宮殿で隣の部屋に住んでいたヘンリー王子のことを、妻であるメーガン妃以上によく知っていたのではないかとケイ氏は推測。そこに問題の核心があるという。

 メーガン妃は王室で最も人気で仲の良い、ウイリアム王子夫妻とヘンリー王子の関係性をうらやんでいたのかもしれない。そして、仲良しトリオに誘われ、不安を感じた可能性もあるという。つまり、メーガン妃のキャサリン妃に対する嫉妬心から、仲がこじれていったように見えるというのだ。

 ケイ氏のコラムに対し、メール紙のコメント欄には6500件を超える投稿が。「マークル(メーガン妃)がキャサリン(妃)にどれほど嫉妬しているのかは長い間明らかでした。彼女(キャサリン妃)はいつもハリーと仲良くしていたので、MM(メーガン妃)が登場した時に、その気楽で幸せな姉弟の関係が止まったのは奇妙なことでした」「ケイト(キャサリン妃の愛称)は彼女の夫をサポートします。一方、メーガン(妃)は彼(ヘンリー王子)を世界の笑い者にしました」「嫉妬深く、目立ちたがり屋な女性だと分かりました。そしてケイトはたまたまもっと人気があった」など、ケイ氏の意見に共感する声が多く寄せられている。

(Hint-Pot編集部)