健康・美

梅雨は消化器官を元気に ヨガの「英雄座のポーズ」でリラックス

著者:村上 華子

タグ: , , , ,

仰向けになる英雄座のポーズ【写真:Hint-Pot編集部】
仰向けになる英雄座のポーズ【写真:Hint-Pot編集部】

 蒸し暑かったり、肌寒かったり、気候の変動も激しい梅雨の季節。薬膳の知恵も融合したワークショップが人気のヨガインストラクター・村上華子さんによると、ジメジメとしたこの季節は、体にも余分な「湿気」がたまりがちで、むくみやすいそうです。消化器官を元気にするのがポイントに。リラックスにもなるヨガポーズを教えていただきました。

 ◇ ◇ ◇

体の前面をストレッチ お風呂上りのリラックスタイムに

 中医学がベースになった薬膳の知恵では、梅雨から夏にかけて、体に溜まった余分な湿気を出し、消化器官(脾胃)を元気にすることで、夏バテから身を守り、次にやって来る秋を健やかな状態で迎えることができると考えます。

 そこで、「仰向けになる英雄座のポーズ」をご紹介します。このポーズは、つま先から太もも、腹部、胸から頭部にかけて走る、消化器系に関連した“経絡(エネルギーの通り道)”を刺激します。また、体の前面をストレッチすることによって、深い呼吸を促し、自律神経のバランスを整えることにも効果的です。とはいえ、股関節や太もも、足首にある程度の柔軟性があった方が行いやすいポーズなので、お風呂上りのリラックスタイムなどに、行ってみてください。