Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

からだ・美容

ジメジメ梅雨時期のダルさを払拭するヨガポーズとは? 人気インスタラクターに聞く

著者:村上 華子

骨盤周りを調整 「三日月のポーズ」をやってみよう

「三日月のポーズ」の手順は次の通りです。

徐々に上体を倒していき手をつく【写真:Hint-Pot編集部】
徐々に上体を倒していき手をつく【写真:Hint-Pot編集部】

1、真っ直ぐ立った姿勢から、右脚を大きく後ろに引く。同時に、左ヒザを曲げながら上体を前に倒し、両手は左脚の横につく。右脚の甲と、ヒザを床につけたら、吸う息に合わせて、頭頂をつむじから斜め上に向かって伸ばすように、背筋をすっきりと伸ばす

両手は膝の上に【写真:Hint-Pot編集部】
両手は膝の上に【写真:Hint-Pot編集部】

2、上体を起こして両手は左脚の膝の上に置き、骨盤はできるだけ正面に向ける。左脚のかかとと右脚の膝を床に安定させながら、吐く息でゆっくりと腰を沈める

両手を天に向かって伸ばす【写真:Hint-Pot編集部】
両手を天に向かって伸ばす【写真:Hint-Pot編集部】

3、息を吸いながら、手のひらを内側に向け、両手を天に向かって伸ばす。右脚のつけ根や、両脇が心地よく伸ばされいることを意識しながら、3~5呼吸キープする。1の姿勢に戻ったら、左右の脚を入れ替えて、反対側も同様に行う

【ポイント】
 脚を前後に大きく開くことで姿勢がグラつく人は、前足の親指の付け根(母指球)と、後ろ足の甲で床をふみしめます。また、腰を沈める際には、腰が反らないように、下腹をしっかり引き締めると、下半身の安定感が培われ、上半身の余分な力みが抜けていきます。そして動作の仕上げに、吐く息で肩甲骨を下げ、肩を耳から遠ざけましょう。肩周りがリラックスすることで、心地よい呼吸が行えます。

【できる範囲から】
 土台(下半身)の安定感がつかめないうちは、無理をして腕を上げるところまで行かなくてもOK。しばらくは、両手をヒザに置いた姿勢を完成ポーズ(手順2)として、脚の踏みしめ、下腹の引き締めの感覚を徐々に培ってきましょう。全身をしなやかにストレッチするので、雨降り続きでどんよりした気持ちまで、ぱーっと払拭してくれますよ。ぜひとも、気持ちよい呼吸とともにお試しください!

(村上 華子)

村上 華子(むらかみ・はなこ)

中医薬膳師、薬膳料理研究家、ヨガインストラクター。薬膳とヨガの教室【季結び庵】主宰。スーパーで手に入る身近な食材を使った季節の薬膳ごはんや、中医学とヨガの知恵を融合させたボディケアを研究中。自然と調和した心地よい毎日のために、日本の風土と個人の体質に合わせたライフスタイルを提案している。
インスタグラム:tokimusubian

からだ・美容のランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly