健康・美

ジメジメ梅雨時期のダルさを払拭するヨガポーズとは? 人気インスタラクターに聞く

著者:村上 華子

タグ: , , , ,

骨盤周りを調整 「三日月のポーズ」をやってみよう

「三日月のポーズ」の手順は次の通りです。

徐々に上体を倒していき手をつく【写真:Hint-Pot編集部】
徐々に上体を倒していき手をつく【写真:Hint-Pot編集部】

1、真っ直ぐ立った姿勢から、右脚を大きく後ろに引く。同時に、左ヒザを曲げながら上体を前に倒し、両手は左脚の横につく。右脚の甲と、ヒザを床につけたら、吸う息に合わせて、頭頂をつむじから斜め上に向かって伸ばすように、背筋をすっきりと伸ばす

両手は膝の上に【写真:Hint-Pot編集部】
両手は膝の上に【写真:Hint-Pot編集部】

2、上体を起こして両手は左脚の膝の上に置き、骨盤はできるだけ正面に向ける。左脚のかかとと右脚の膝を床に安定させながら、吐く息でゆっくりと腰を沈める

両手を天に向かって伸ばす【写真:Hint-Pot編集部】
両手を天に向かって伸ばす【写真:Hint-Pot編集部】

3、息を吸いながら、手のひらを内側に向け、両手を天に向かって伸ばす。右脚のつけ根や、両脇が心地よく伸ばされいることを意識しながら、3~5呼吸キープする。1の姿勢に戻ったら、左右の脚を入れ替えて、反対側も同様に行う

【ポイント】
 脚を前後に大きく開くことで姿勢がグラつく人は、前足の親指の付け根(母指球)と、後ろ足の甲で床をふみしめます。また、腰を沈める際には、腰が反らないように、下腹をしっかり引き締めると、下半身の安定感が培われ、上半身の余分な力みが抜けていきます。そして動作の仕上げに、吐く息で肩甲骨を下げ、肩を耳から遠ざけましょう。肩周りがリラックスすることで、心地よい呼吸が行えます。

【できる範囲から】
 土台(下半身)の安定感がつかめないうちは、無理をして腕を上げるところまで行かなくてもOK。しばらくは、両手をヒザに置いた姿勢を完成ポーズ(手順2)として、脚の踏みしめ、下腹の引き締めの感覚を徐々に培ってきましょう。全身をしなやかにストレッチするので、雨降り続きでどんよりした気持ちまで、ぱーっと払拭してくれますよ。ぜひとも、気持ちよい呼吸と共にお試しください!

(村上 華子)

村上 華子(むらかみ・はなこ)

ヨガインストラクター、薬膳フードデザイナー、6歳男児の母。OL生活のストレス解消法としてヨガを始める。身体が元気になると、心までいきいきする鮮やかな体験から、いつしかヨガが日課に。本格的なトレーニングを積んだ後、ヨガ仲間と銀座に「HASYOGA」スタジオを立ち上げる。出産してからは、家族の健康を担う母の役割として、食事作りに勤しむ毎日。そんな折にご縁あり、通い始めた薬膳の料理教室で「食材の効能を考え、体調や季節に合わせて作る食事」の奥深さに魅了される。現在は都内各地で、伝統的なヨガのエクササイズに加え、“身近な食材で作るおうち薬膳”をテーマにしたワークショップなども開催。中医学の理論に基づいた薬膳の知恵と工夫で、美味しく食べて、自分や大切な人を元気にするためのヒントを伝えている。ヨガと薬膳「季結び庵」主宰。
https://www.instagram.com/tokimusubian/