海外ニュース

ヘンリー王子 兄との仲は修復せず? 母の銅像除幕式で共同スピーチしない意向と情報筋

著者:森 昌利

タグ: , , ,

ウイリアム王子とヘンリー王子【写真:AP】
ウイリアム王子とヘンリー王子【写真:AP】

 ダイアナ元妃生誕60周年を記念し、今夏に銅像の除幕式が予定されている。一時はヘンリー王子の欠席が懸念されたが、出席の意向は変わりないようで、これを機に決裂した兄弟仲の改善も期待されているようだ。ところが、本来は共同で行われるべき除幕式での声明について、別個に準備を始めているとの報道が流れた。

 ◇ ◇ ◇

メーガン妃もエリザベス女王も欠席の予定

 ヘンリー王子は王室主要メンバーとして活躍していた2019年10月、南アフリカツアーに密着したドキュメンタリー番組のインタビューで「兄とは別々の道を歩み始めている」と発言。ウイリアム王子との不仲が明らかになった。

 そして続く2020年の新年早々、“王室引退”を宣言。その1年後には、オプラ・ウィンフリーがホストを務めるインタビュー番組で王室の生活を赤裸々に告白し、現在まで兄弟の亀裂が大きく報じられてきた。

 ところが先月、エリザベス女王の夫フィリップ殿下の死去に際し、ヘンリー王子が緊急帰国。葬儀で再会し緊張関係が「やや緩和された」という報道もあった。しかし、2人の仲はそう簡単に修復されないようだ。

 英大衆紙「ザ・サン」が掲載した記事によると、ダイアナ元妃の生誕60周年となる7月1日に予定されている銅像除幕式で、ウイリアム王子とヘンリー王子は共同声明を行わないという。

 王室の情報筋が明かしたところによると、銅像制作の発注は兄弟2人で行ったこともあり、愛する母であるダイアナ元妃の生誕60周年を祝う銅像除幕式で不仲が解消される「希望を持っていた」という。しかし、除幕式には一緒に出席するが、共同声明は行わない意向だと述べた。

 この情報筋は、「常識的には兄弟の共同声明とスピーチが期待されると思いますが、そうはいかないようです。それぞれが個別で準備をしています」と語ると、殿下の葬儀で並んで歩くことを拒否した2人のボディランゲージについて「2人の仲が良化したとは言えず、それ(除幕式での2人の態度が)は大きな不安になっています」と続けた。

 ちなみに、第2子女児の出産を夏に予定しているメーガン妃は欠席の予定。また、「あくまでウイリアム王子とヘンリー王子のための行事。自分が行って注目を集めるべきではない」と、エリザベス女王も欠席を予定している。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)