動物・レジャー

石垣島をドライブする元保護ねこ 海散歩を始めた理由にほっこり

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

窓枠にちょこんとアゴを乗せ、流れる景色に目をやるララちゃん【写真提供:石垣島のララ(@LalaTuube)さん】
窓枠にちょこんとアゴを乗せ、流れる景色に目をやるララちゃん【写真提供:石垣島のララ(@LalaTuube)さん】

 沖縄・石垣島の空の下、飼い主さんとドライブを楽しむねこの写真がツイッターで話題です。白いおヒゲをなびかせて、流れる景色を見つめる姿からは「いい風だニャー」という声が聞こえてきそう。気持ち良さそうな表情に、14.1万件の“いいね”が集まっています。飼い主の石垣島のララ(@LalaTuube)さんに話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

楽しんでいる様子が伝わってくる!

 飼い主さんが運転する車の後部座席でお行儀良く外を眺めているのは、黒ねこの「ララ」ちゃん。10月で4歳になる女の子です。

 向かっているのは、石垣島の市街地から少し離れたところにあるビーチ。「今日はどんな出会いがあるかニャー」。ウキウキとした表情に、見ているこちらも心が弾みます。瞳をキラキラと輝かせて早朝の浜辺に向かう姿を見たねこ好きから、「とてもいい表情」「ねこが楽しんでいるの、分かる」などのコメントが寄せられました。

外出もドライブも細心の注意を

 同島生まれのララちゃんは、生後間もなく保護ねことして最初の飼い主さんに引き取られました。家の周りに人通りが少なかったことなどから、当時のララちゃんはほとんど放し飼い状態で過ごしていたそう。近くの浜辺まで自由にお散歩をしていたといいます。

 ところが昨年の夏に、最初の飼い主さんが入院することになり、交流があった今の飼い主さんがララちゃんを引き取ることに。元の飼い主さん宅と違い、完全室内飼いになることにララちゃんが慣れるか不安だったそうですが、外に出たがっていることに気付いた飼い主さんが、天気の良い朝にお散歩へ連れ出すようになりました。あまりにもうれしそうに歩く姿に、お散歩が習慣になったということです。

 最初は、入院中の元飼い主さんに元気な様子を報告しようと撮影していた写真や動画でしたが、「ねこを散歩させているのが面白い」と周囲から言われることが増え、SNSでも投稿するようになりました。

 国内外から反応が来るようになったことをうれしく思っている飼い主さんですが、「ねこの散歩を推奨するものではありません」と注意を促しています。

 外出に慣れているとはいえ、リスクに備えて必ずハーネスとリードを装着。車の窓を開けて外を見せてあげることも、天気が良く交通量がほとんどない場所と時間を選ぶなど、細心の注意を払っているそうです。お散歩でも警戒心が強いララちゃんのために「人がいない時間や場所」を選択し、負担を減らす努力をするなど準備に余念がありません。

 広がる青い空と白い雲を映し出す、鏡のような海面。誰も歩いていない早朝の浜辺を、黒いシッポをピンと天に向けて闊歩する写真や動画は、飼い主さんの愛情あふれる準備があったからこそ押さえることができたんですね。ララちゃんの目線で撮影するなどした動画はYouTubeチャンネル「石垣島のララ」でも楽しむことができます。

 ララちゃん、これからも“石垣島アンバサニャー”として、島の美しい景色を私たちに伝えてね!

(Hint-Pot編集部)