海外ニュース

メーガン妃 露出多めの大胆ドレスでレッドカーペットへ ダイアナ元妃のブレスも着用

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

10日、「2021 Salute to Freedom gala(自由への敬礼祭)」に出席したヘンリー王子夫妻【写真:AP】
10日、「2021 Salute to Freedom gala(自由への敬礼祭)」に出席したヘンリー王子夫妻【写真:AP】

 最近は働く親たちのための育児休暇の法整備などに注力しているメーガン妃。「公爵夫人」の称号を使用しての政治的活動が批判の的になっているが、そんな社会派の一面から打って変わり、現地時間10日には真っ赤なドレス姿で米ニューヨークでのイベントに参加した。華やかさを前面に出した妃の様子を英雑誌が報じ、大きな話題となっている。

 ◇ ◇ ◇

深いネックラインに大胆なスリット ダイアナ元妃のブレスレットも

 ヘンリー王子とともに妃が出席したイベントは、米ニューヨークのイントレピッド海上航空宇宙博物館で開催された「2021 Salute to Freedom gala(自由への敬礼祭)」。このイベントは、英国では第一次世界大戦休戦記念日、米国では退役軍人の日(11月11日)の前日に開催されているもので、妃は退役軍人やその軍人家族など5人に対し、「Intrepid Valor Awards」を授与するプレゼンター役をこなした。

 英雑誌「ハロー」は、メーガン妃のファッションに注目。艶やかな赤のドレスは、米ブランド「キャロリーナ・ヘレラ」の一着。胸元が深く開いており、裾にも大胆なスリットが入ったセクシーなデザインだ。

 また、足元には同系色をチョイス。イタリア靴メーカー「ジュゼッペ・ザノッティ」のヒールでコーディネートした。

 さらに、ゴージャスなドレスに負けないようアクセサリーも華やかに。ダイアナ元妃もかつて着けたとされるダイヤモンドのブレスレッドやカナダ発祥のジュエリーブランド「メゾンバークス」のイヤリング、胸元には戦没者への追悼の意が込められた「リメンブランス・ポピー」のブローチを合わせた。同誌は「まばゆい光を放った」と評している。

(Hint-Pot編集部)