Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

話題

GPファイナル中止でも…宇野昌磨は愛犬を連れて練習へ 米選手は日本に愛のSNS投稿

著者:Hint-Pot編集部

宇野昌磨選手、ジェイソン・ブラウン選手【写真:Getty Images】
宇野昌磨選手、ジェイソン・ブラウン選手【写真:Getty Images】

 2日、残念ながら中止が発表されたGPファイナルこと「ISUグランプリファイナル 国際フィギュアスケート競技大会」。ファンにとってはつらい決定ですが、悲しみに寄り添うSNS投稿も相次いでいます。SNSで反響を集めた話題からこの機会に知ってほしい選手やちょっとほっこりするネタなどをお届けする「Hint-Pot スポーツSNS調査隊」は、2選手が登場する投稿に注目。親日家の米選手は日本とファンへの愛を、宇野昌磨選手(トヨタ自動車)の弟は宇野選手が愛犬を連れて練習に向かう動画を公開して話題を呼んでいます。

 ◇ ◇ ◇

「心から愛を送り、健康をお祈りしています」 米選手が日本語でエール

 新型コロナウイルスの変異株、オミクロン株の感染拡大を受け、急遽中止が決定したGPファイナル。来年2月に開かれる北京五輪の前哨戦が中止になり、フィギュア界はもちろん世界のファンがショックを受けました。とはいえ、情勢的には致し方ない判断。いち早く気持ちを切り替えてファンを慰めたのは、出場選手たちだったようです。

 親日家で知られる米国のジェイソン・ブラウン選手は、中止発表後に自身の公式インスタグラムで1枚の写真を投稿。「SEE YOU SOON(またすぐに会おう)」と書かれた壁の前で満面の笑みを浮かべ、両手の指でハートマークを作っています。ファッションはサングラスにTシャツ、ジャージ、スニーカーをすべて黒でまとめたシャープな印象。

 投稿にはもちろん「僕たちは、またすぐに会います。ただ、来週ではなくなっただけ」とブラウン選手お得意の日本語メッセージが。「今は健康と安全が一番大事です。近い将来、日本に行くことを今から楽しみにしています。それまで僕がとても好きな国の一つである日本とファンの皆さんに心から愛を送り、健康をお祈りしています。みんな大好き」と心のこもった言葉が続いています。

 この言葉はきちんとファンに届いたようで「素敵なメッセージをありがとう!」「飛行機やホテルも泣く泣くキャンセルして暗くなっていましたが、Jasonの愛の言葉で元気が出ました」「あなたからこんなに前向きで素敵なメッセージをもらえて、楽しみが少し先に伸びただけだと思うことができました」など、感謝のコメントが殺到しています。

愛犬とのふれあい、練習風景も…宇野選手の“らしさ”全開動画に反響

 そして日本人選手は、とっても“その人らしい”姿も公開しました。それは、マイペースな言動と表情のシャープさというギャップが大きな魅力となっている宇野昌磨選手です。

 宇野選手と「双子の兄弟のように育った」という4歳下の弟、宇野樹さんのYouTubeチャンネル「Uno1ワン チャンネル」は3日、「変わらない日々」のタイトルで1本の動画を公開。そこには、愛犬のEmmaちゃんを連れて、いつも通り練習に向かう宇野選手の姿が収められていました。

 移動する車の中、眠そうにあくびをする宇野選手の膝の上で大はしゃぎするEmmaちゃん。練習場への到着時には、「行ってくるね」といった宇野選手のチャーミングな表情もみることができます。その後のEmmaちゃんは車中とお外でお留守番。練習を終えて出てきた宇野選手にまっすぐ駆け寄る後ろ姿には、観ている側も頬がゆるんでしまいます。

 約4分の動画は、最後に練習中の風景もチラ見せされる豪華な内容。そこに樹さんは「今日も普段と同じ日でした! Emmaだけ練習に行ったのは理由があるのかな?」とコメントを加えました。

 やはりこの動画もファンの心を慰めたようで、「ファイナル中止とても残念で悲しいですが日常を見せてくださりありがとうございます!」「見ているこちらがこの動画に励まされました」「また全日本(選手権)に向けてパワーを溜めてください」といった声が殺到しています。

 中止を受けても、選手たちは競技を磨き続け、またファンを案じています。悲しい状況ではありますが、ファンにとっては選手たちの思いをさらに深く知り、フィギュア愛を高める一つの機会になったともいえるでしょう。

(Hint-Pot編集部)

話題のランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly