Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

話題

菜の花と早咲きの河津桜 “春行きの列車”をとらえた美しすぎる一枚に1万人感嘆

著者:Hint-Pot編集部

「春行きの電車が出発します」のメッセージとともにツイッターに投稿され話題に【写真提供:AyuMi(@a_yumi0425)さん】
「春行きの電車が出発します」のメッセージとともにツイッターに投稿され話題に【写真提供:AyuMi(@a_yumi0425)さん】

 3月に入り、日中の日差しに春を感じることが増えましたね。SNS上でも日本各地で“見つかった春”の写真が目立ち始めています。今回話題になった写真もそんな一枚。「早咲き桜」として知られる河津桜とその向こうを行く列車、そして菜の花が共演する絶妙な作品です。撮影者のAyuMi
@a_yumi0425)さんに撮影の裏話などを伺いました。

 ◇ ◇ ◇

1年越しで撮影に成功した渾身の一枚

 そろそろ桜の開花予想が気になる時期ですが、一般的な開花予想で対象になっている種類はソメイヨシノ。「早咲き桜」として知られる種類は、すでに開花しています。静岡県賀茂郡河津町の名産である河津桜もその1つ。

 現地では例年2月上旬頃から開花し、今年は恒例の「第32回河津桜まつり」(賀茂郡河津町)が2月28日に終了、「第24回みなみの桜と菜の花まつり」(賀茂郡南伊豆町)が3月10日まで開催されています。「第32回河津桜まつり」の公式ウェブサイトによると、3月6日時点で「河津桜原木」以外は満開だそうです。

 そんな賀茂郡の美しい情景をとらえた写真が、ツイッター上で1万件の“いいね”を集めました。撮影者はフォトグラファーのAyuMiさんです。

「2月28日のお昼頃に河津駅付近で撮影しました。実は昨年も河津桜を撮影するため伊豆方面に出かけて、同じ場所でも撮影したのですが個人的に納得していなかったので、リベンジしたいと思いました!」

 1年越しで撮影に成功した渾身の一枚には、澄んだ青い空の下で満開を迎えた河津桜と伊豆急行線の車両、土手に咲き誇る菜の花が見事に収められました。ピンクとブルー、イエローのカラーリングも「まさに春!」と呼ぶべき美しさです。

「桜と菜の花と電車の3つを撮れたら良いなぁと思い、この3つが写る場所を探したんです。『春らしさが伝えられれば良いなぁ』と思い撮影しました。撮影中の苦労は特にありませんが、自宅から伊豆方面に向かう道のりが片道約4~5時間なので体力勝負だなと感じました(笑)」

「同じ場所で何回撮っても、その時にしか出会えない光景や友人との思い出がある」

 実はAyuMiさん、以前にも富士山の霧氷を収めた作品で注目を集めました。日頃の撮影で大切にしていることはやはり、季節感のようです。

「今後もどの季節も写真に残していきたいなぁと思っています。同じ場所で何回撮っても、その時にしか出会えない光景や友人との思い出があるので。それが風景写真の魅力でもあります。風景写真を撮るため長野県に行くことが多いのですが、同じ場所でも季節によって違う景色が見えますし、通い続けてやっと見られた光景には感動するので、そこが楽しいなぁって思います」

 とはいえ、一番好きな季節は実のところ春ではないのだとか。

「涼しいくらいの季節が好きなので(笑)一番は秋です! もちろんいろんな場所の紅葉を見るのも楽しみです!」

 春夏秋冬でそれぞれの姿を見せる日本列島。こうして写真に収めるフォトグラファーの皆さんがいるおかげで、鑑賞者も自然の大切さや美しさを再認識することができます。1月に出版された「地元写真家がいちばん見せたい にっぽんの絶景」(玄光社刊)にも作品が掲載されているAyuMiさん。「地元写真家たちが全国の風景を撮影していて魅力ある1冊なので、ぜひたくさんの方に見てほしいです」と語っています。

(Hint-Pot編集部)

話題のランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly