Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

どうぶつ

生後1か月の子ねこ 愛らしいツーショットに1.9万人胸キュン 「何だこのかわいさは!」

著者:Hint-Pot編集部

小エビのぬいぐるみをムニムニするむぎくん【写真提供:むぎむぎぎぎ(@mugimugigigigi)さん】
小エビのぬいぐるみをムニムニするむぎくん【写真提供:むぎむぎぎぎ(@mugimugigigigi)さん】

 愛猫とのふれあいに欠かせないツールの一つに、おもちゃがあります。定番のねこじゃらしから変わり種まで、その商品展開は多種多様。飼い主さんにとっても、かわいいものを選んだり愛猫が遊ぶ姿を想像したりと楽しみが多いでしょう。ツイッター上では、生まれたばかりの子ねことぬいぐるみのツーショット写真が、1.9万件の“いいね”を集め話題になっています。一見するとよくある光景のように思えますが、エピソードを知るとキュンとしてしまうこと間違いなし。飼い主さんに詳しいお話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

“普通のエビ”では大きすぎて…サイズ感に驚く人が続出

 話題のねこは、茶トラの「むぎ」くん。飼い主さんは、呼びやすく毛色にちなんだお名前がいいと、このお名前を授けました。むぎくんはちょっぴり臆病な性格ですが、飼い主さんのことが大好きな甘えん坊です。

 飼い主さんとむぎくんの出会いは、友人からの連絡がきっかけでした。飼い主さんがねこをお迎えしたいと考えていたところ、「子ねこが生まれた」と連絡が。会いに行くと、初対面なのに手を吸うなど人懐っこい様子のむぎくんに、飼い主さんはノックアウト! すぐにお迎えを決めたそうです。

 むぎくんは生後1か月を迎えたばかり。日々すくすくと成長しているものの、やはりまだ子ねこらしさが目立ちます。そうしたあどけなさが顕著に分かるのが、今回話題になった一枚です。

 写真には、前足でぬいぐるみをムニムニしているむぎくんの姿が。これだけでも微笑ましい光景ですが、愛らしさの理由はそれぞれのサイズ感にあります。

 エビを模したこのぬいぐるみは、通常のものだと全長30センチほど。しかし、“普通のエビ”だと子ねこのむぎくんにとっては大きすぎるため、飼い主さんは子ねこ用サイズの“小エビ”をプレゼントしました。

 こちらは全長20センチほどですが、注目したいのはそれよりもさらに小さく見えるむぎくんの姿。飼い主さんいわく、現在は「片手に乗せてちょっと余るくらいのサイズ」だそう。とはいえ、大きさが想像できるぬいぐるみと比較するとその小ささが際立ちますよね。

 子ねこらしさ全開の一枚は大きな反響を呼び、1.9万件の“いいね”を集めました。リプライ(返信)には「何だこのかわいさは!」「かわいい天使」など、むぎくんにメロメロな人たちからたくさんの声が寄せられました。また、「うちにも同じおもちゃがあるけど……大きさ、同じですよね?」「むぎちゃんと並ぶと小エビが巨大エビに」といった、同じぬいぐるみの愛用者と思しき人からはむぎくんのサイズ感に対する驚きの声も上がっています。

 ちなみにこちらの“小エビ”、生後1か月のお祝いでプレゼントしたところ大ヒット。飼い主さんは「お気に入り度は100点満点だと思います。噛んだり抱きついたり、自分の寝床でよく遊んでくれています」と手応えを語ります。

 大好きなおもちゃでたくさん遊んで、むぎくんにはさらに元気いっぱいに成長してほしいですね。

※おもちゃのサイズはすべて編集部調べ

○取材協力::むぎむぎぎぎ(@mugimugigigigi)さん

(Hint-Pot編集部)

どうぶつのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly