Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

海外ニュース

飼い主の大事故に愛犬が活躍 米国で起こった奇跡の救出劇が話題 後日談にも反響

著者:Hint-Pot編集部

飼い主が事故に…危機を救ったのは同乗していた愛犬(写真はイメージ)【写真:写真AC】
飼い主が事故に…危機を救ったのは同乗していた愛犬(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 忠誠心の高さや従順な性格が特徴に挙げられる犬。そうした特徴から、愛犬が時に家族の危機を救うヒーローになることもあるようです。交通事故を起こした車から放り出されたわんちゃんが警官に飼い主の危機を知らせる。そんなドラマチックな出来事が米国で話題になっています。愛する飼い主の命を救うまでの経緯とは……。

 ◇ ◇ ◇

たまたま事故現場近くに居合わせた警察官 犬に導かれるように事故現場へ

 愛犬が交通事故に遭った家族の危機を救う――。そんなドラマチックな出来事を報じたのは、米雑誌「ピープル」です。同誌によると、今回の救出劇の発端は、米メイン州リンカーン近郊の高速道路で起きた車2台の横転事故でした。

 居眠りしてしまった男性ドライバーが、もう1台の車に追突したことが原因であると報告されている今回の事故。救出劇のカギを握ったのは、たまたま事故現場近くの交差点でパトカーを駐車していた州警察のクリス・ピナさんでした。

 ピナさんの目の前にこの時、1匹のわんちゃんが現れました。ピナさんは最初、泥だらけで引っかき傷もあったわんちゃんを見て迷い犬だと思ったそう。しかし、周囲を見回したところ、助けを求める男性ドライバーの姿が目に飛び込んできました。

 そこで導かれるように現場に駆け付けたところ、わんちゃんの飼い主さんカップルを発見。無事に2人の命を救うことができました。

 ただ、話はここで終わりません。実は飼い主さんカップルが事故に遭った時、車内には愛犬がもう1匹いました。2匹は事故の衝撃で車外に放り出されてしまい、うち1匹が事故現場から離れてどこかへ。しばらく行方不明になっていましたが、事故から3日後に地元の動物管理官がこのわんちゃんを無事に発見しました。

 州警察は行方不明になっていたわんちゃんの発見をフェイスブックで報告。すると、2000件近くの“いいね”が集まった他、コメント欄には「無事で良かった!!」「ハッピーエンドだと分かって良かった」「わんちゃんが無事に飼い主さんの元へ帰れますように」など、安堵の声が多数寄せられました。

 ちなみに米ABCニュースによると、幸いなことに男性ドライバーと飼い主さんカップルのどちらにも今回の事故による大きな怪我などはなかったそうです。

(Hint-Pot編集部)

海外ニュースのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly