Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

海外ニュース

“子猫”を保護した夫婦が仰天! 獰猛な野生動物と判明し米メディア注目

著者:Hint-Pot編集部

保護されたのは子猫ではなく…(写真はイメージ)【写真:Getty Images】
保護されたのは子猫ではなく…(写真はイメージ)【写真:Getty Images】

 人の数だけドラマがある動物保護の物語。しかし、子猫を保護したと思っていたのに、施設で“似て非なる動物”と言われたら……。米国ではそんなまさかの展開に見舞われた夫婦に大きな注目が集まった。米紙「シャーロット・オブザーバー」が、今回の“珍事件”の経緯や同様のケースに直面した場合に求められる対応などを報じている。

 ◇ ◇ ◇

子猫だと思っていたら実は“ボブキャット” 「明らかに子猫ではない」と施設担当者

 同紙によると、今回の当事者となったのはテネシー州で暮らすある夫婦。2人は現地時間6月17日の午前、自宅の裏口にやってきた“子猫”を保護し、同州マウント・ジュリエットにある動物保護施設「トゥルー・レスキュー」へと緊急搬送した。

 この時、夫婦は“子猫”を保護したものと思い込んでいたが、施設で衝撃の事実が伝えられることに。何と保護したのは、“ボブキャット”だったのだ。

 ボブキャットとは、ネコ科オオヤマネコ属に属する中型獣。カナダ南部からメキシコ辺りにかけて広く生息している。オオヤマネコの中では比較的小さな体つきだが、それでも体長は55~100センチ程度になる。オスで大きいものだと、体重は30キロを超えるものもいるといわれている。

 同紙は、施設の創設者で最高責任者を務めるエイミー・シムシックさんが、急に運び込まれたその中型獣について語った、報道番組「マクラチ・ニュース」のインタビューを紹介。記事によると、シムシックさんは夫妻が運び込んだ動物を一目見て「明らかに普通の子猫ではないと分かった」そうだ。「頭や足など、体がとても大きく、野生でじゃ香のような香りがした」とその根拠を語っている。

 さらに、シムシックさんは被毛や鳴き声についても一般的な子猫とは違う特徴が見られたと判断したという。また、今回のように野生生物の保護に直面した場合の最適な対応についても言及しており、「自分たちで保護しようとすることが動物を危険な状態にさらす」ため、「ほとんどのケースにおいて、そのままの状態にしておくことが求められる」と指摘している。

「トゥルー・レスキュー」は公式フェイスブックで、今回保護されたボブキャットの“その後”も紹介。投稿によると、夫妻が保護したボブキャットは現在、「パール」と名付けられテネシー州チャタヌーガにある野生生物のリハビリテーション施設「フォーフォックス・セイク・ワイルドライフ・レスキュー」で暮らしているそうだ。

(Hint-Pot編集部)

海外ニュースのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly