Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

ライフスタイル

ペットボトルの飲み口が大活躍 災害時に役立つ警視庁のアイデアに反響「いいこと知った」

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

災害時に役立つペットボトルの飲み口の活用法とは?(写真はイメージ)【写真:写真AC】
災害時に役立つペットボトルの飲み口の活用法とは?(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 レジ袋と並んで、削減すべきプラスチックゴミに挙げられるペットボトル。適切に分別してリサイクルをすることが大切ですが、アイデア一つで便利グッズとして再利用できます。防災に関する情報や知識を発信している、警視庁警備部災害対策課の公式ツイッター(@MPD_bousai)では、災害時に役立つペットボトルの活用方法を紹介。食料の保存や氷のう、生ゴミ入れなどとして使う事ができる、簡単テクニックが反響を呼んでいます。

 ◇ ◇ ◇

切り取った飲み口にビニール袋を通すだけ!

 これまでもちょっとした工夫で、災害時の便利アイテムに生まれ変わると注目を集めてきたペットボトル。キャップに穴を開けた節水のためのハンドシャワーや、下からライトを当てて光を分散させたランタンのような使用法、そしてお湯を入れれば湯たんぽ替わりになるなど、その使い道は挙げればきりがありません。

 今回、警視庁警備部災害対策課の公式ツイッターが発信して話題になったのは、ペットボトルの飲み口部分を切り取って利用する方法です。

 作り方は簡単。災害時に食べ切れなかった食料やお菓子などを入れたビニール袋の上部を、切り取った飲み口に通します。そして飲み口にビニール袋がかぶさるように折り返し、その上からキャップをします。こうすることで、「簡易的な密閉袋」として利用できるそう。

 氷を入れれば氷のうとして、応急処置のアイシングも可能。また、臭いや虫などが発生しやすい生ゴミを入れておくこともでき衛生的です。

 目からウロコな方法は反響を呼び、「いいこと知った」「ペットボトルの飲料水って買わないんだけどいざという時のために」「ちょっとした天才」などのリプライ(返信)が寄せられました。

 最後に、ペットボトルを切り取る際は、滑りやすいので怪我をしないように気をつけましょう。また、切り口は指を切りやすいため、ビニールテープを貼るなどして保護すると安全に使用することができますよ。

(Hint-Pot編集部)

ライフスタイルのランキング

  • Weekly
  • Monthly

サイト内ランキング

  • Weekly
  • Monthly