育児・家族

「卒乳」した日に夫からの嬉しいサプライズ 妻を労う手書きの表彰状が話題 「感動して泣いてしまった」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , , ,

しらなみさんに贈られた実際の「卒乳証書」【写真提供:しらなみ・とと1y♂(@shiranami0725)さん】
しらなみさんに贈られた実際の「卒乳証書」【写真提供:しらなみ・とと1y♂(@shiranami0725)さん】

 授乳は赤ちゃんとママの大切なコミュニケーションです。しかし、子どもが成長し、離乳食が始まると考えるのが「卒乳」のこと。赤ちゃんが母乳を卒業していくのは、寂しい反面、赤ちゃんにとってもママにとっても「成長の証」でもあります。そんな喜ばしい成長過程のひとつが、パートナーであるご主人からの素敵なサプライズで、さらに彩られたというツイートに「感動して泣いてしまった」、「素敵すぎる!!」といった声が集まっています。

 ◇ ◇ ◇

息子の1歳の誕生日に「卒乳」を決意

 今回、「卒乳」について話題の投稿をした、※しらなみ(@shiranami0725)さんは、先日1歳の誕生日を迎えたばかりの男の子、「とと」ちゃんのママ。しらなみさんは元々、ととちゃん1歳の誕生日に、母乳を完全にやめることを決めていたのだそうです。

 しらなみさんが卒乳を意識し始めたのは、ととちゃんが生後9か月頃のこと。まず、保育園に入園し、必然的に日中は授乳をしなくなりました。それに加え、ママ友との間で月経の再開や2人目妊娠の話題が増えていたこともあり、「そろそろ自分も……」と思い始めたといいます。

 ところが、卒乳を考え始めたのもつかの間、ととちゃんは次々と病気をもらってくる、いわゆる「保育園の洗礼」を受けることに。生後10か月頃、手足口病などで食欲が落ち、母乳しか飲まなくなってしまったこともあったそうです。

 とはいえ次第に病気も落ち着き、生後11か月を迎えた頃から、しらなみさんとととちゃんは夜間断乳にチャレンジし始めました。何度かととちゃんの大泣きに耐えられず挫折した日もあったそうですが、ある日を境に授乳なしでも夜通し眠るようになり、そのまま1歳での卒乳を決めたのだそうです。

 そして迎えた、ととちゃん1歳の誕生日前日。きっと「最後の授乳は今までの日々を思い出してしんみりしてしまうだろう」と思っていたというしらなみさんですが、その日に限ってととちゃんは大フィーバー! ハイテンションで暴れまわって全く寝ず、「本当に明日からおっぱい無しで過ごせるのかな」、「イマイチ締まった感じがしないなー」と思ったといいます。

 しかし、そんな懸念を抱きながら寝かしつけを終え、リビングに戻ったしらなみさんに予想だにしなかったサプライズが待っていました。リビングのテーブルの上には、「晴れやかに卒業できた」という気持ちにさせてくれる、ご主人からの素敵なプレゼントが用意されていたのです。

夫からのプレゼントに驚きと笑いが!

 テーブルの上に置かれていたのは、「祝! 卒乳」と書かれたチョコプレートがのったおいしそうなホールのケーキ、しらなみさんが大好きなお酒、そして手書きの「卒乳証書」でした。賞状には次のように記されていました。

「卒乳証書 (しらなみさんのお名前)どの あなたは来る日も来る日も乳を出し続け、息子の成長に多大なる貢献をいたしました。よって、その功績を称え、ここに証します!! 令和元年9月10日 卒乳対策委員会会長 (ご主人のお名前)」

 賞状を渡されて「本当に驚いた」というしらなみさん。実は卒乳に関してご主人はそれほど積極的ではなかったそうで、「決めたからにはスッパリと!」と躍起になるしらなみさんに対し、「そんなに無理しなくていいんじゃない?」と言うなだめ役だったのだそうです。

 ととちゃんが生まれてからというもの、しらなみさんは母乳に関してたくさん悩んできました。「上手に飲ませられない」「飲んでくれない」「詰まって痛い」「噛まれた」「風邪を引いたけど薬が飲めない」等々。その度にご主人に悩みを聞いてもらってきました。そこでご主人は、「いつも悩みながら頑張ってたので、最後に何か形のあるものを贈りたくて作りました」と、今回のサプライズを計画した理由を語ります。

 一方、しらなみさんは、感動の涙よりも驚きと賞状に書かれた文章への笑いが先行してしまい、「『いつ卒乳対策委員会を発足してたんだよ!』と思わずツッコミました(笑)」と話しますが、もちろん労ってもらったのは本当に嬉しかったそうで、ご主人の心遣いのおかげですっきりと心の区切りがつけられ、感謝の気持ちでいっぱいなのだそうです。

 家族の大切な思い出が形となって残った今回のサプライズ。「卒乳証書」は今後、ととちゃんへの賞状も作り、額縁に入れて並べて飾る予定だとか。

 最後に、これから卒乳するママ達にしらなみさんからアドバイスをいただきました。

「子どもによって性格や生活リズムも違うので『卒乳を成功させる方法』は軽率にアドバイスできませんが、『なかなか卒乳できない』と悩まず、今のお子さんの姿を大事にして欲しいです。私自身、終わってみると『もっとおっぱいを飲んでいる横顔を目に焼き付けておけばよかったかな』なんて思ってしまう瞬間があります。我が家も次はミルクからの卒乳を目指しますが、哺乳瓶をくわえてる姿も今だけなのでたくさん見つめておきます!」

※しらなみ・とと1y♂(@shiranami0725)さん ・は赤ちゃんの絵文字