Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

どうぶつ

隙間から覗くねこ 試行錯誤する様子に11万人が声援「チャレンジする姿がかわいい」

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

お部屋への入り方を試行錯誤中のきなこちゃん(画像はスクリーンショット)
お部屋への入り方を試行錯誤中のきなこちゃん(画像はスクリーンショット)

 ねことドアの組み合わせは、SNSでもよく話題になります。後ろ足で立ち上がってドアノブを回したり、両手でふすまを横に開いたりと、なかなかのテクニックを披露してくれますよね。今回ご紹介するねこも、拳1つ分くらいの隙間を何とか通ろうと試行錯誤。ついには降参してしまう様子が、ツイッター上で話題になっています。飼い主さんにお話を伺いました。

【SNSで話題沸騰!】独自技術で超強力消臭 至高の猫空間を演出する全自動猫トイレ『PetSnowy』

 ◇ ◇ ◇

とても賢いきなこちゃん 頭をフル回転で隙間に挑むも…

 ミヌエットの女の子で1歳6か月の「きなこ」ちゃん。パステル三毛とも呼ばれるダイリュートキャリコ柄が、きなこをまぶした静岡県の銘菓「安倍川餅」に見えたことから名付けられたそうです。

 出会った頃は今より色味が薄く、小さくてふわふわ。「まるで天使のようだった」と飼い主さんは語ります。そして現在はとても賢いねこに成長。飼い主さんがおもちゃを保管している場所を把握し、自分で紐を取り出して持ち運ぶ遊びを楽しんでいます。

きなこちゃんの全身【写真提供:きなこ 短足ミヌエット(@123_n0_neko)さん】
きなこちゃんの全身【写真提供:きなこ 短足ミヌエット(@123_n0_neko)さん】

 そんなある日、飼い主さんのお部屋に入ろうとしたきなこちゃん。いつもは少し開かれたふすまからするりと中に入ります。でもこの日は暖房器具を使っていたため、開いている幅が少し狭くなっていたようです。

 隙間は拳1つ分ほど。隙間から顔を覗かせたきなこちゃんは、「頭を横にしたら行けるかな?」と右に倒したり左に倒したりと試行錯誤を続けます。一瞬だけ上を見て「あれ? もしかして通れない幅?」と再確認しているような仕草も。その後も前足を出してみたり、少しだけ勢いをつけてみたりしますが通れず、最後は諦めてどこかに行ってしまいました。

 飼い主さんはこの動画をツイッターに投稿。「ごめんちょっと閉めすぎた」とのメッセージを添えました。すると、11.6万件もの“いいね”が。リプライ(返信)には「一生懸命がかわいすぎです」「必死に考えてるのかわいい」「チャレンジする姿がかわいい」「きなこちゃん頑張れ~」など、きなこちゃんに向けた声援が多く寄せられました。

きなこちゃんの心の声を書き込む人も

 飼い主さんはこの時、強引に入ってくれるのではと考えていたそうです。

「私が撮影していた部屋は私ときなこの寝室です。階下のリビングで家族と一緒にいたのですが、私だけ部屋に戻っていました。すると、きなこが階段を上がる音が聞こえたのに、部屋に入ってこなかったんです。そこでふすまを閉めすぎていることに気づきました。『強引に入ってくるかな?』と思って動画を撮影したら、想像以上にかわいい姿が撮れましたね」

 リプライには「ねぇ~今日? 狭くない?」「あれー? 通れないな? あれー?」など、きなこちゃんの気持ちを想像したアテレコも。ちなみに飼い主さんが考えたきなこちゃんの声はオチが秀逸です。

「あれ、いつもより狭い……? 下の方なら通れるかニャ……反対向きなら……いや、いつも通り正面からなら……もういいもん、お母さん(飼い主の母)に言いつけてやるニャ」

 きなこちゃんが家族全員から愛されている様子が伝わりますね。もちろん、諦めた後はすぐ部屋に入れてあげたそうです。

「すぐに戸を開いて部屋に入れてあげました。部屋の外も寒くないのでご安心ください。普段から1匹にしないように、できるだけ家族の1人は家にいるようにしています。後は短足なので高いところから飛び降りないように注意して見ています」

 家族の温かな愛情に包まれているきなこちゃん。ツイッターではこの他にも、寒い冬をホットにしてくれる写真や動画がたくさん公開されていますよ。

○取材協力:きなこ 短足ミヌエット(@123_n0_neko)さん

(Hint-Pot編集部)