動物・レジャー

ソファの隙間に流れ込むねこ…“ヤバイ写真”に9万人驚愕 「ダリの絵だったりして」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

ねこに見えますか? 驚きの声が続々と集まったハクくんの「ヤバイ写真」【写真提供:白(@hakuponia89)さん】
ねこに見えますか? 驚きの声が続々と集まったハクくんの「ヤバイ写真」【写真提供:白(@hakuponia89)さん】

 驚異的な柔軟性から「ねこは液体」とよく言われますが、その言葉を証明するかのような写真がツイッターで話題になっています。ねこがソファの隙間に“流れ込んでいる”としか思えない一枚に約9.5万件の“いいね”が殺到。愛猫家を納得(?)させた投稿について、飼い主さんに話を伺いました。

 ◇ ◇ ◇

子ねこの時に弱っていたところを駐車場で保護されたハクくん

「やばい写真撮れた…(※猫です)」

 飼い主さんが注意書きを添えなければいけないほど、形態が変化してしまった愛猫。よく見ると、下の方に耳に見えるものがありますが、確かにすぐにはねこと認識できません。一体何が起きたのでしょうか。

 写っているのは3歳の男の子「ハク」くん。その真っ白な被毛が名前の由来です。まだ子ねこの時、駐車場で弱っていたところを飼い主さんの兄が発見。家族の一員になりました。

駐車場で弱っていたハクくんはすくすくと成長して立派な姿に【写真提供:白(@hakuponia89)さん】
駐車場で弱っていたハクくんはすくすくと成長して立派な姿に【写真提供:白(@hakuponia89)さん】

 命を救われたハクくんはすくすくと成長。飼い主さんいわく、「遊び好きでよくしゃべる子」だそうです。遊んであげられない時も、自分でおもちゃをくわえては投げ、それを拾ってまた投げる、という“一人遊び”を楽しむことができるのだとか。

 そんな抜群の集中力が、今回話題になった一枚を生み出しました。

 ハクくんはこの時、ソファの背もたれにある隙間に挟まったおもちゃを取り出そうと必死だったそう。試行錯誤しましたが、なかなか取れません。そうしているうちに、写真のような状態になってしまったとのことです。

 しばらく様子を見ていた飼い主さんは「必死に取ろうとした結果、このような状態になりました。負けず嫌いでおもちゃへの執念がすごいので、ここまで頑張ってしまったようです」と笑顔で振り返ります。もちろん、このあとハクくんのためにおもちゃを取ってあげたそう。そして、その必死な姿をツイッターで公開しました。

 液体のように隙間へと入り込んだハクくんの写真は、約9.5万件の“いいね”を集めるなど大きな話題に。リプライ(返信)欄には「ねこは液体は事実ですね……」「白い何かが溶けてる……」「どうなってるニャ!?」といったコメントが集まりました。さらに、「実はダリの絵だったりして」「白鳥かと思いました」「UMAですね」など、さまざまなものに例える声が上がっています。

 飼い主さんはその後、ツイッターでハクくんの「ヤバイ写真」が撮れるまでの“途中経過”も公開。こちらも1万件の“いいね”を集めています。今後は何に変化してくれるのか、楽しみですね。

 取材協力:白(@hakuponia89)さん

(Hint-Pot編集部)