Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

海外ニュース

余命わずか…愛犬のために計画した「最後のお散歩」 近隣住民の粋な計らいが米国で話題

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

余命わずかな愛犬のために飼い主が「最後のお散歩」を計画(写真はイメージ)【写真:写真AC】
余命わずかな愛犬のために飼い主が「最後のお散歩」を計画(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 近隣住民の癒やしの存在として愛されていた1匹の犬。獣医師から悪性リンパ腫と診断され、余命わずかとなりました。そんな愛犬のために、飼い主は「最後のお散歩」を計画。そのときに近隣住民の見せた粋な計らいが、米国で注目を集めています。

【SNSで話題沸騰】簡単・快適・清潔! 猫ラバーズの必見の全自動トイレの導入で毎日の悩みを解決!

 ◇ ◇ ◇

「最後のお散歩」は予想外の事態に

 米ペンシルベニア州フィラデルフィア郊外に住む、ケビン・カリーさんの愛犬で、元保護犬のメロウくん。雨の日も雪の日も、ケビンさんと一緒に1日2度近所をお散歩することが日課です。そんなこともあり、ケビンさんとメロウくんは近所の人たちとは顔なじみでした。

 米紙「マイアミ・ヘラルド」によると、メロウくんは獣医師から悪性リンパ腫と診断され、余命は6月までと診断されてしまいました。

 そんなメロウくんのために、ケビンさんは一念発起。メロウくんが毎日のお散歩で顔なじみとなった人たちに別れを告げることができるように、「最後のお散歩」を計画。メロウくんの代わりに手紙を書き、近隣住民のポストに投函しました。

「(現地時間)6月3日の午後7時から8時に近所をお散歩します。できるなら、みなさんに直接さようならを言いたいです。頭やお腹をなでなでしてください。僕はみなさんが大好きなので、永遠に感謝の気持ちを忘れないでしょう」

 当日はささやかなお別れになることを予想していたというケビンさんですが、想定外の事態が待っていました。

 近隣住民のKJ・ワルネクさんは「お散歩コースのすべての曲がり角で、たくさんの人が待っていました。メロウのパパはここまで大事にはしたくなかったようですが、我々が(大事に)してしまいました。でも、とてもリスペクトにあふれたものになりました。メロウを驚かせないように、みんな少し離れて見送ったり、泣いたり……。メロウに最後のあいさつができたことは喜びでした」と、この日のことを振り返り返っています。

 さらに、お散歩コースにはメロウくんへのメッセージボードを掲げる子どもや、愛犬を連れて最後のお別れをする人たちもいたそう。ケビンさんとメロウくんにとって、忘れられないお散歩になりました。

(Hint-Pot編集部)