Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

どうぶつ

かつての重賞馬たちが水浴び 正反対のリアクションに反響 「みんな違ってみんなかわいい」

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

(左から)気持ち良さそうに水を浴びるマイネルキッツとスズカフェニックス(画像はスクリーンショット)
(左から)気持ち良さそうに水を浴びるマイネルキッツとスズカフェニックス(画像はスクリーンショット)

 人間が「十人十色」といわれるように、馬の個性もそれぞれです。そんなことを感じさせてくれるのが、かつて重賞を制したマイネルキッツとスズカフェニックス。現在、北海道浦河町の「うらかわ優駿ビレッジAERU」で過ごす2頭の姿が、公式X(ツイッター)アカウント(@aeru_joba)にアップされました。水を浴び、目や耳を忙しく動かして周囲を気にするマイネルキッツと、カメラに興味津々のスズカフェニックスは、同じ水浴びでもリアクションは個性たっぷりです。2頭の最近の様子について、乗馬課の太田さんにお話を聞きました。

【SNSで話題沸騰!】独自技術で超強力消臭 至高の猫空間を演出する全自動猫トイレ『PetSnowy』

 ◇ ◇ ◇

仲良しの2頭 現役時代の活躍距離は正反対

 耳や目を終始動かすマイネルキッツと、つながれた紐を甘噛みして遊ぶスズカフェニックス。同じ水浴びをしていても、反応はかなり違います。投稿のリプライ(返信)には、「それぞれの個性が出ておもしろい」「みんな違ってみんなかわいい」「舌ペロが最高ですね」と、2頭に癒やされた人たちの声が並びました。

 マイネルキッツは今年6月に同施設に移動してきたばかり。競走馬を引退したあとは、神奈川県内で乗馬用の馬としても活躍し、現在は功労馬として余生を過ごしています。太田さんは「移動してきた初日からスムーズに順応してくれました。性格は、いつもキリッとした表情をしていて、“王子様”のようにちょっとプライドが高めの高貴な印象です」と話します。

 スズカフェニックスは、同施設に来てすでに7年が経ちました。功労馬では最年長の21歳。「でも、性格は一番の甘えん坊で寂しがり屋。誰かにかまってほしくて、ヘドバン(頭を上下に揺らす)しながらアピールをします。イケメンなのにほっとけない、かわいい子なんです」と教えてくれました。

 仲良しの2頭ですが、活躍した距離は正反対です。マイネルキッツは3200メートルの長距離、2009年の天皇賞・春に勝利しました。一方、スズカフェニックスは2007年に高松宮記念を制覇。こちらは1200メートルの短距離レースです。水浴びではそれぞれわちゃわちゃと楽しそうな2頭の得意としたレースの距離が異なるほか、それぞれの性格を聞くと興味が湧きます。

 現在は2頭とも、午前7時の朝食後に放牧地へ。例年は涼しい北海道でも今年は猛烈な暑さということで、お昼前には集牧して厩舎で涼むそうです。ほかには、体調や天候によって放牧しないケースや、過ごしやすい気温のときは午後2時30分くらいまで放牧地にいることもあるのだとか。ルーティンやリズムを崩さないことが大切で、同施設ではストレスがかからない「馬ファースト」を考えた運営をしているといいます。

 8月後半は、浦河町でも33度まで上昇するなど記録的な暑さ。馬たちも水浴びで涼みながら、酷暑を乗り切ってもらいたいですね。

(Hint-Pot編集部)