Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

話題

あせも予防だけじゃない 掃除やお手入れに使えるベビーパウダー 意外な使い道に「万能選手」の声

公開日:  /  更新日:

著者:Hint-Pot編集部

赤ちゃんに使うだけじゃない。ベビーパウダーは万能(写真はイメージ)【写真:写真AC】
赤ちゃんに使うだけじゃない。ベビーパウダーは万能(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 赤ちゃんのあせもやおむつかぶれ予防などに使われるベビーパウダー。近年は合成添加物や香料などを使用しないナチュラルベビーパウダーが市場に出回るようになり、世界的に需要が高まり続けています。赤ちゃんに使用するイメージが強いですが、実はさまざまな活用方法があることをご存知ですか? ハンズの公式インスタグラムアカウント(handsinc.official)が紹介しているので、参考にしてみましょう。

意外と知らない汗と臭いの関係 「もしかして臭ってる?」 みんなが悩む“汗あるある”

 ◇ ◇ ◇

髪や衣類にも使える! 非常時にはドライシャンプー代わりに

 残暑が厳しいと予想される今年。子どもだけでなく、大人もあせもに注意が必要です。そこで、ベビーパウダーを使用するのも一手ですが、余ってしまいそうでなかなか手が出せないという人もいるでしょう。実はベビーパウダーは、「顔や体以外にもいろいろな場面で大活躍」するそうで、ハンズは複数の活用法を紹介しています。

1. テカリ・ベタつき防止
ベビーパウダーは粒子が細かく、塗るだけで赤ちゃんのお肌をサラサラに保ってくれます。その効果を利用して、メイクの仕上げに使うのはいかがでしょうか。「赤ちゃんにも使えるので、寝る前のスキンケアのあとにもOK」とのこと。また、「無色でにおいも気にならないからメンズにも」おすすめです。ただし、ベビーパウダーにはメイクアップ効果はないので、肌の状態を整えるものとして使用しましょう。

2. 髪の毛をさらさらに
 汗や湿気で髪の毛がベタつくのが気になる季節。ベビーパウダーを「前髪や頭皮に少量つけて、くしでとかすとさらさらに」なります。ドライシャンプーとしても使えるので、非常時などでお風呂に入れないときにも便利だそうです。非常用持ち出し袋に入れておくのもいいかもしれませんね。

3. 襟袖などの汚れ防止に
 汚れが付きやすい襟や脇の部分。着る前に軽くベビーパウダーを塗布しておくと、汚れを防止してくれると紹介しています。ベビーパウダーが汗や皮脂を吸収するため、汚れが付きにくくなるそうです。

掃除やアクセサリー、革製品のお手入れにも便利

 さらに、お掃除やさまざまなアイテムのお手入れにも使えるというから驚きです。ハンズはほかに、カーペットやソファ、マットレスなどの洗えない家具にベビーパウダーをなじませてから掃除機で吸い取る方法や、ネックレスの絡まりを取るアイデア、革製品のお手入れにも有効だとしています。それぞれ素材や汚れ具合により効果が出ない場合もあるので、使用前に状態を確認してから、ご自身の判断で行いましょう。

 ベビーパウダーの意外な使い道に対し、コメント欄には「ベビーパウダー 万能ですね 掃除に使えるとか ほどけやすくなるとか すごいなぁ」「万能選手 すごいぞ!! ベビーパウダー」など、驚きの声が寄せられています。

 ベビーパウダーの粉末は大量に吸い込むと、呼吸器に悪影響を与えることがあるそう。使用時にはよく注意しましょう。

(Hint-Pot編集部)