動物・レジャー

瀕死のねこから緊急帝王切開で生まれた元保護ねこ「つみれ」 行儀が良すぎる“正座ポーズ”が話題に 「落語を話しそう」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

2歳の女の子「つみれ」ちゃん【写真:みっしぇる(@rAxatP0GjeYdu2p)さん】
2歳の女の子「つみれ」ちゃん【写真:みっしぇる(@rAxatP0GjeYdu2p)さん】

身体をビヨーンと伸ばすのがお好き “のびのび”と成長中!

 横座りや香箱座り、スフィンクス座りなど、ねこの座り方にはさまざまあります。膝をかかえて座っているようなねこちゃんなど、ふとした瞬間に「人がはいっている」かのようなポーズで座るねこが、時にSNSで話題になりますが、今回はねことは思えないほど、ピンと背筋を伸ばし行儀よく“正座”している、保護ねこから生まれた「つみれ」ちゃんをご紹介します。

 ◇ ◇ ◇

「中に人はいってるよね…」というコメントでみっしぇる(@rAxatP0GjeYdu2p)さんがツイッターに投稿したのは、飼いねこ・つみれちゃんの“正座”のようなポーズで座る姿。ヒザにちょこんと置かれた前足がとってもかわいらしく、背筋が伸び驚くほど姿勢が正しく、何か言いたげな表情から「本当にねこなの?」と思わず疑ってしまいそうです。

 なんとつみれちゃんが正座をしたのは、この日が初めて! 大興奮で走り回っていたところ突然、あの正座ポーズでぴたりと止まったのだそう。しかも、数分間あのまま固まっていたのだとか。その後はまた急に暴れ出して、楽しく遊んでいたそうです。

 なんとも珍しい、つみれちゃんのねこ“らしくない”姿には21万件以上のいいねが集まり、「かわいい!」というコメントの他、「落語を話しそう」「前世は日本人?」「人間になりたいのかな」といったコメントも多数寄せられました。

 みっしぇるさんの元で幸せそうに暮らす、現在2歳5か月のつみれちゃん。しかし、生い立ちは、とても壮絶でした。みっしぇるさんの知人が、瀕死のねこを保護したところ妊娠しており、緊急帝王切開することに。お腹の中には膿が溜まり、かろうじて4匹の子ねこが取り上げられましたが、最終的に生き残ったのがつみれちゃん1匹だったそうです。

「生まれてすぐからうちで育てたので、自分がねこだという意識が薄いのかもしれません」とみっしぇるさん。みっしぇるさんご家族にかわいがられ、“のびのび”と育ったつみれちゃんは持ち上げられた状態で身体をビヨーンと伸ばすのが好きなようです。姿勢のいい正座をしたりする様子からも、もしかしたら猫背がお気に召さないのかもしれません。

 12月も近づき寒い日が続きますが、寒いからと言って背中を丸めていないで、つみれちゃんを見習って背筋を伸ばし、姿勢を正して過ごすことを心掛けたいと思います。

(Hint-Pot編集部)