Hint-Pot | ヒントポット ―くらしがきらめく ヒントのギフト―

海外ニュース

なぜ日本の治安は良いのか 「駐夫」が驚いたNYの日常 日本警察では考えられないアメリカの防犯指導に驚き

公開日:  /  更新日:

著者:ユキ

犯人と戦うという選択肢も!?

「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」の本【写真:ユキ】
「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」の本【写真:ユキ】

 危機管理について、外務省から在留邦人に向けて注意喚起のメールが届きます。また、公式ウェブサイトには、安全対策の啓発を目的とした「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」を掲載。本の形になったものも発行されています。内容は、日本の外務大臣が、在留邦人の安全対策のために主人公のデューク東郷へ協力を要請したというもの。情報収集の重要性やオフィスでの安全対策などが、コミック仕立てでわかりやすく解説されています。

【SNSで話題沸騰】簡単・快適・清潔! 猫ラバーズの必見の全自動トイレの導入で毎日の悩みを解決!

 また、米国国土安全省が「Run, Hide , Fight(逃げる、隠れる、戦う)」と題して、無差別銃乱射事件の対策ビデオを作っています。

逃げる:真っ先にすることは、逃げること。ほかの人が反対しても逃げること。持ち物はその場において、可能ならほかの人が逃げるのを手伝うこと。
隠れる:逃げることができなかったら、隠れる場所を探すこと。ドアにカギをかけ、電気を消して静かに。銃を撃たれても避けられる遮蔽物があるところに隠れる。
戦う:最後の手段は犯人と戦うこと。1人であれ、仲間とであれ、気迫を持って行動すること。武器になるものを探し、犯人の武器を奪い、何が起ころうと犯人を打ち倒すこと。

 この3つの行動ができるかどうかで、命が助かるかもしれないとのことです。

「戦うときは、気迫を持って戦え」

 日本の警察は、そんなふうに指導しないでしょう。近年、アメリカでは治安悪化に伴い、アジア系住人の銃保有の申請率が増加しているそうです。さすがに銃を所持して身を守ろうとまでは考えないのですが、身の引き締まる思いがします。

 女性でも夜間に1人で出歩ける治安の良さは、日本人が誇るべきものであると思います。それと同時に、なぜ日本の治安が良いのかを改めて考えてみたほうが良いでしょう。その理由について、こちらに住んでいると思い当たることが多々あります。いつまでも安全に過ごせる日本であってほしいと思っています。

(ユキ)

ユキ(ゆき)

都内の出版社で編集者として働いていたが、2022年に妻の海外赴任に帯同し、渡米。駐在員の夫、「駐夫」となる。現在はニューヨークに在住し、編集者、学生、主夫と三足のわらじを履いた生活を送っている。お酒をこよなく愛しており、バーめぐりが趣味。目下の悩みは、良いサウナが見つからないこと。マンハッタン中を探してみたものの、日本の水準を満たすところがなく、一時帰国の際にサウナへ行くのを楽しみにしている。