動物・レジャー

育児参加する柴犬 どうしても譲れない“大好きなもの”とは 「冬の風物詩ですね」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

5歳の柴犬の男の子「小太郎」くんと“弟分”【写真提供:こたろうくん(@kotaro_chang)さん】
5歳の柴犬の男の子「小太郎」くんと“弟分”【写真提供:こたろうくん(@kotaro_chang)さん】

普段は人間の“弟分”の面倒をみる優しいお兄ちゃん「小太郎」くん

「かわいい」の鉄板コンビ、柴犬×赤ちゃん。警戒心の強い柴犬は、しつこかったりうるさかったりする人間の子どもが苦手な子が多いと言われていますが、ご主人と一緒になって子育てに参加してくれる子もいるようです。普段は“兄貴分”として頼りになる存在。でも、ストーブが大好きすぎて“弟分”を寄せ付けないようにする柴犬が話題になっています。
 
 ◇ ◇ ◇

 今年、人間の“弟”ができたばかりだという、5歳の柴犬の男の子「小太郎」くん。人懐こくて穏やかな性格ですが、縄張り意識が強く近所のオスの柴犬と対抗したり、家のチャイムがなると一応吠えてみたりと、番犬としても優秀なのだとか! 

 我慢強さもあり、“弟分”であるご主人の息子さんに毛をむしられても噛んだりせず、立ち上がる練習をしていれば付き添って、心配そうに見守っていることも。時々、弟分のおもちゃをこっそり噛み砕いて、ご主人に叱られてしまうお茶目な一面もありますが、とても優しいお兄ちゃんなのだそうです。

 でも、小太郎くんには、弟分にも譲れない大好きなものが、実はふたつあるといいます。ひとつ目は「犬用のチーズケーキ」。見るだけでテンションがとても上がってしまうのだとか。そして、もうひとつは「ストーブ」です。

 寒さに強いと言われる柴犬ですが、やっぱりぬくぬく暖かいストーブの近くは居心地が最高。特等席は、例え弟分であっても譲れないのでしょうか。ストーブの前を陣取っている小太郎くんと、後ろから近づいてくる赤ちゃんの姿を、飼い主さんがSNSに投稿したところ「癒される」と話題になりました。

 いつも優しいお兄ちゃんのことだから、実は赤ちゃんがやけどをしないように守ってくれているのかもしれないと、色々と想像が膨らみます。飼い主さんはこれを機に“ヒーターガード”を購入したそうで、“ふたり”がヒーターの前を奪い合う戦いが、これからより一層繰り広げられるかもしれません。

 かわいすぎる“ナイスコンビ”に「うちでは、ストーブの前は争奪戦でした」「『君が接近するには未だ早~い』と言ってる様な気がする」「こたろうくん冬の風物詩ですね」など、たくさんのコメントが寄せられました。

記事協力:こたろうくん(@kotaro_chang)さん

(Hint-Pot編集部)