育児・家族

夫に赤ちゃんの顔が見せられない… 新型肺炎の影響で立ち会い出産禁止の産院が急増 妊婦たちの悲痛な声

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

妊婦や赤ちゃんにまで影響が及ぶ新型コロナウイルス(写真はイメージ)【写真:写真AC】
妊婦や赤ちゃんにまで影響が及ぶ新型コロナウイルス(写真はイメージ)【写真:写真AC】

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、出産を控える妊婦さんたちの間にも不安の声が広がっています。第1子妊娠中のフリーアナウンサー高橋真麻さんも出産時に夫の立ち会いが不可になったことを明かすなど、病院への立ち入りが厳しく制限される事態に。ベビカム株式会社の調査によると、立ち会い出産を希望したい(した)女性は6割を超えますが、立ち会い出産で事前参加必須の病院も多いという「両親学級」などといったイベントも、各地で中止となっているようです。

 ◇ ◇ ◇

立ち会い出産希望の女性は6割 しかし退院まで家族が面会できない傾向も

 出産は人生の中の一大イベント。近年では、どのようにその時を迎えるかが重視され、「バースプラン」も一般的になってきました。そして、希望の中でも多く聞かれるのが、出産時の家族の立ち会い。実際のところ、どれくらいの女性が立ち会い出産を希望したい(した)のでしょうか。

 ベビカム株式会社の調査(投票期間2020年2月28日~2020年3月6日、会員107人が回答)によると、「YES」と答えたのは63.6%。希望する具体的な理由としては、「出産の大変さをパートナーにも理解しておいてもらいたいから」「親がする経験を、なるべく夫にもしてもらいたいから」「新しい家族の誕生の瞬間に子どもも旦那も一緒に立ち会えた事は一番の思い出です」など、家族にも新しい命の誕生の尊さや大変さを理解、経験してほしいという思いが強いようです。

 このように、多くの女性が夫と感動の瞬間を分かち合いたいと考えていますが、残酷にも新型ウイルスはその希望すらも奪っているようです。現在、新型コロナウイルス感染拡大予防のため、立ち会い出産を当面の間、中止とする病院が増えており、ツイッター上でも不安視する多くの妊婦の声があふれています。

「ついに立ち会い出産禁止、入院中の面会も禁止になりました。退院するまで夫は赤ちゃんの顔を見ることも声を聞くこともできないのだそう」

「何かのせいにしたくなるぐらいやり切れない。悲しさと怒りがこみ上げてきて涙が止まらない」

「私の寂しいという感情なんてどうでもいい。旦那も子供も守れる可能性が上がる。安心しました」

 このように、一定の理解は示しながらも、嘆かずにはいられない妊娠中の女性たちが多いという現状が見えてきました。