海外ニュース

ウイリアム王子 「弟のヘンリー王子の方が早く結婚する」と思っていた キャサリン妃と結婚9周年を迎え専門家が語る

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

ヘンリー王子とキャサリン妃【写真:Getty Images】
ヘンリー王子とキャサリン妃【写真:Getty Images】

仲睦まじい未来の国王夫妻 結婚決断に3年間を要した理由とは

 4月29日にめでたく結婚9周年を迎えたウイリアム王子とキャサリン妃。3人の子どもにも恵まれるなど幸せな結婚生活を送る2人だが、王子は結婚を決断するまでに3年の月日を要したという。王室専門家がその理由を英紙に語っている。結婚後の夫妻は極めて円満。新型コロナウイルスの最前線で闘う医療従事者たちに感謝の拍手を送るキャンペーンに参加した他、外出できない住民に自家製パスタを届けるというボランティアに協力する長女シャーロット王女の姿に注目が集まった。またパンデミックの中、出産した女性をキャサリン妃がビデオ通話で励ました様子も称賛された。英国民に寄り添う姿勢は、厚い信頼と尊敬を集めている。

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「デイリー・エクスプレス」は、仲睦まじく結婚9周年を迎えた夫妻について記事を掲載。王室専門家のケイティ・ニコール氏は、ウイリアム王子が若い年齢で結婚したくなかったと著書で明かしていたことを伝えた。2005年に結婚について問われた際、王子は「まだ22歳です。結婚するには若すぎます。少なくとも28歳まで、もしかしたら30歳まで結婚したくありません」と語ったという。

 さらに、ウイリアム王子は「弟のヘンリー王子の方が早く結婚すると思っていた」ことも明らかに。ニコール氏は「ウイリアム王子が、ヘンリー王子の方が早く結婚するとほのめかした時、キャサリン妃は傷付いていたとしてもそれを表に見せていませんでした」と指摘。また専門家によると、キャサリン妃は「ウイリアム王子との結婚を急いでいない」と主張していたという。

 ウイリアム王子は、父チャールズ皇太子と母ダイアナ元妃の結婚生活での出来事を把握していたため、キャサリン妃と結婚することに躊躇していたようだ。ニコール氏は「インターナショナル・ビジネス・タイムズ」に「ダイアナ妃が花嫁にふさわしい人だったため、父が結婚へのある種の“圧力”を受けたことを彼は把握していました。彼は父と同様にならないよう、結婚を急がないことを決めました。近いうちに結婚する予定はないとの気持ちを記者に明かしていました」と語っている。

 一時は結婚を躊躇するも、熟考期間を経て2011年にゴールイン。順風満帆で仲の良い夫妻と3人の子どもたちは、英国民から強い信頼と尊敬を得ている。

(Hint-Pot編集部)