海外ニュース

エリザベス女王 思い入れの深い特別なブローチを着け国民へエール 「お互いへの愛と思いやりであふれている」

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

エリザベス女王【写真:Getty Images】
エリザベス女王【写真:Getty Images】

欧州戦勝記念日のスピーチが「完璧だった」と国民が称賛

 エリザベス女王は、現地時間8日午後9時に欧州戦勝記念日のスピーチを行った。このスピーチは75年前、女王の父であるジョージ6世が第二次世界大戦の勝利を記念するスピーチをした同時刻に行われた。エリザベス女王がスピーチの中で、パンデミック下でも耐え続ける英国民の姿勢を称えると、SNSが称賛と喜びの声であふれた。女王の胸元には、父親からプレゼントされたアクアマリンのブローチが輝いていた。

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「デイリー・エクスプレス」は、エリザベス女王が欧州戦勝記念日に、19歳の王女だった75年前、ジョージ6世が行ったスピーチを振り返り、見通しは暗く先が見えなかった戦時中と現在の英国の状況を比べ、英国民には強い信念があるとスピーチしたと伝えた。

 女王は新型コロナウイルスの影響により、家の中や玄関先で記念日を祝う異例の形を残念に思う一方で、「現在の国の状況で、お互いを守り支え合う姿を見ると、戦争へ行った勇敢な兵士たちも称賛するであろう国民性のままだと、誇りを持って言うことができます」と話し、国内は「お互いへの愛と思いやりであふれている」と、自粛生活を続ける国民たちをねぎらったという。

 スピーチが放送されるとSNSでは「女王のスピーチはまた完璧だった!」「とても美しいスピーチ」「感動した。女王のスピーチで泣いたよ」「素晴らしい女王がいて幸運です」など、感嘆の声があふれた。

 この日、女王はペールブルーのドレスを着用。胸元には、スピーチで思い出を語ったジョージ6世から18歳の誕生日に贈られたという、2つのアクアマリンのクリップブローチを着けていた。

(Hint-Pot編集部)