海外ニュース

エリザベス女王を模倣するキャサリン妃 年始の日曜礼拝では洋服から表情まで一致 英紙が報道

著者:Hint-Pot編集部

タグ: , ,

ウイリアム王子とキャサリン妃【写真:Getty Images】
ウイリアム王子とキャサリン妃【写真:Getty Images】

パープル系で合わせたスタイリングをし優雅な表情で人々と触れ合う妃

 現地時間1月5日の朝、イギリスノーフォーク州サンドリンガムの聖メアリー・マグダレーン教会へ日曜礼拝に訪れたエリザベス女王。孫夫婦であるウイリアム王子とキャサリン妃も参加した。エリザベス女王は目の覚めるような鮮やかなパープルのアンサンブルを着用。キャサリン妃はそれに呼応するように、プラム色のロングコートで現れた。

 ◇ ◇ ◇

「パープル君臨!」との見出しで、エリザベス女王とキャサリン妃の礼拝スタイルを報じたのは、英大衆紙「デイリー・メール」だ。記事では、ふたりのコーディネートの詳細を報じており、エリザベス女王は、上品なウール地のジャケットとスカートのアンサンブルに、同色の帽子とブローチを合わせていた。

 一方、キャサリン妃は、ロンドン発のブランド「ロクサンダ」のスタンドカラーコートに、「ヒックス&ブラウン」の中折れ帽、「スチュアート・ワイツマン」のニーハイブーツ、「イエーガーロンドン」のハンドバッグでスタイリング。耳元には故ダイアナ元妃の形見をリメイクした、お気に入りのサファイアとダイヤモンドのドロップピアスが輝いていた。

 有名な写真家のレイチェル・スミスさんは、キャサリン妃がエリザベス女王と似たスタイルを採用し、フォトジェニックなロイヤルウェーブ(お手振り)と教会への散歩をしたことを明らかにした。

「おふたりのスタイルを観察すると、キャサリン妃は女王と似た表情で周囲と対話していました」

 キャサリン妃はとてもリラックスした様子で、地元住民と交流し、人との出会いを楽しんでいたという。

(Hint-Pot編集部)