海外ニュース

メーガン妃とヘンリー王子 またも移住の可能性が浮上 2人が目指す新たな居住地を専門家が指摘

著者:森 昌利

タグ: , , ,

メーガン妃とヘンリー王子【写真:Getty Images】
メーガン妃とヘンリー王子【写真:Getty Images】

米東海岸ニューヨークが候補に 洗練された大都会で「放っておいてもらえる」

 英王室を離脱し、米西海岸の大都市ロサンゼルスに移住したヘンリー王子とメーガン妃。“セレブリティの都”ハリウッドで新たな人生を模索する2人だが、愛犬と散歩する様子が撮影されるなどすでにパパラッチの標的となっており、新型コロナウイルスが収束した後に、ロサンゼルスを離れるのではないかという憶測も飛び出している。専門家は新たな居住地にニューヨークを挙げている。英紙が伝えている。

 ◇ ◇ ◇

 英大衆紙「デイリー・スター」が報じたところによると、メーガン妃とヘンリー王子が新たな移住先を模索した場合、米東海岸のニューヨークが適しているという。王室専門サイト「ロイヤル・セントラル」のジャーナリスト、ブリタニー・バーガー氏は「もしもサセックス公爵夫妻(ヘンリー王子とメーガン妃)がロサンゼルスを『諦めた』場合、次はニューヨークに住む可能性が高いと思います」と述べた。

 バーガー氏はその理由についても言及。「何よりも、住民がセレブリティに慣れた土地柄で『放っておいてもらえる』というのが2人にとって大きな魅力です」と説明している。パパラッチが幅を利かせるハリウッドより、洗練された大都会であるニューヨークこそ2人が新生活を始める街にふさわしいとした。

 夫妻は英王室を離れたのち、カナダ・バンクーバー島に一時滞在。新型コロナウイルス感染拡大によってカナダが国境を閉鎖する直前の3月下旬、米有名俳優タイラー・ペリーが所有する1億5000万ドル(約162億円)のプライベートジェットを4回も大移動させ、ビバリーヒルズにあるペリー所有の1800万ドル(約19億3900万円)の豪邸に落ち着いたという。

 移住後は、2人が愛犬と散歩する姿をパパラッチに激写された。また、プライベートを確保するために豪邸周辺に黒い目隠しスクリーンを設置するなど対策を講じているが、自宅上空にドローンが出現したと報じられるなど、常に好奇の目にさらされている。

(イギリス・森昌利/Masatoshi Mori)