海外ニュース

キャサリン妃が現在の“悩み”明かす 3人の子どもが親族に会えない 「本当に大変です」 英紙伝える

著者:Hint-Pot編集部

タグ: ,

キャサリン妃【写真:Getty Images】
キャサリン妃【写真:Getty Images】

ビデオ通話するのも大変 ウイリアム王子「てんやわんやに」

 新型コロナウイルス感染拡大を防ぐロックダウンの影響で、英国では多くの家族が、親しい親族訪問などを見送っている。これはウイリアム王子、キャサリン妃夫妻にとっても同様のようだ。妃は、6歳のジョージ王子、5歳のシャーロット王女、2歳のルイ王子の3人の子どもが外出できず親族や親しい人に会えないことが悩みの種になっていると明かしている。英紙が伝えている。

 ◇ ◇ ◇

 ロックダウン下にあっても、頻繁にビデオ通話に登場したり、家族の写真をSNS上で公開したりするなど、精力的に活動を続けて英国民から信頼を得ているウイリアム王子とキャサリン妃。しかし、一般の“親”としての悩みもあるようだ。英大衆紙「デイリー・エクスプレス」によると、キャサリン妃は現状で最も大変なことの1つに、3人の子どもたちが以前のように親族や身近な親しい人たちに会えなくなったことを挙げている。その状況をこう話しているという。

「本当に大変です。これまではビデオ通話のアプリなどをあまり利用していませんでしたが、これからはもっとしていくべきですね。実際、とても良いものですから」

 ウイリアム王子も、キャサリン妃の考えに理解を示す一方で、ビデオ通話をすることの大変さを次のように明かしているという。

「ちょっとだけ、てんやわんやになってしまいます。嘘ではありませんよ。2歳児がいると、電話を手の届かないところに置いておかなければなりません。子どもたちがみんな、間違ったボタンを押すことなくちゃんとお話ができるかというのは、とにかく大変ですね」

 王子はビデオ通話での“苦労”を明かしながら「それでも親族間で連絡を取っておくことは非常に良いことだと思います」とも語っている。さまざまな公務をこなしながら、3人の小さな子どもたちを育てている夫妻。一般の人々と変わらぬ悩みもあるようだ。

(Hint-Pot編集部)